普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

寝る時のエアコンの使い方を教えて!適切な設定温度は?

寝る時エアコンはつけっぱなしでもいい?

熱の寝苦しい夜、寝る時のエアコンはどうしてますか?

夏の夜のエアコン事情は人それぞれです。

一晩中かけっぱなしという方もタイマー機能を使う方もいますよね。

また、冷房と除湿のどちらを使おうかと悩んでいる方もいるはずです。

そんな実は意外とよく知られていない夏の夜のエアコンについてご紹介します。

どうすれば快適な眠りを味わえるのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

寝る時のエアコンの使い方

寝るときのエアコンで大切なこと、それは「湿度」です!

え?温度じゃないの!?と思った方も多いのではないでしょうか。

実は湿度が快眠を左右するポイントなんです。

湿度が下がると体温を下げすぎずに体感温度だけを下げることができます。

そして眠りについた直後の汗をしっかりと乾かすことができ、快適に眠りにつくことができます。

つまり寝る時のエアコンでオススメなのは「除湿機能」を使うということです。

しかし、除湿は冷房効果が弱いです。

そのため、夏の熱帯夜には少し暑苦しく感じる方も多いと思います。

ですので、寝る前にしばらく「冷房」を使って数時間部屋の温度を下げてください。

そして睡眠時に「除湿」を使うことで体への負担を少なく眠ることができます。

適切なエアコンの設定温度は?

では設定温度は何度にすればよいでしょうか。

ポイントは使う人が寒さを感じない温度にするという点です。

人が快適に眠れる条件として推奨されているのは「室温26度、湿度50~60%」です。

しかし、26度で一晩中過ごしてしまうとやや涼しさを感じてしまうのではないでしょうか。

人は眠ると体温が下がります。

そのため、活動している日中より設定温度は高くて問題ありません。

そのため、オススメの設定温度は「28度」です。

ただし、これには部屋の温度が下がった状態で、という条件があります。

いきなり28度の除湿設定にして寝ても人は寝苦しさを感じてしまいます。

そのため、しっかりと26度の冷房で部屋を冷やしきった後、布団に入った状態で28度の除湿に切り替えます。

湿度設定ができるエアコンをお使いの方は湿度を50~60%に設定するのも忘れないようにしてください。

すると寒さを感じることなく、涼しさを感じながら眠ることができますよ。

つけっぱなしは良くない?

では一晩中エアコンはつけたままでよいのでしょうか。

これは正直悩むところです。

一昔前は一晩中エアコンをつけっぱなしだと良くないと言われていました。

これは電気代が高いことや体を冷やしすぎて風邪をひいてしまうことが原因です。

しかし、近年のエアコンは進化しています。

電気代も昔より抑えられるようになってきました。

そのため、一概に一晩中つけっぱなしがよくないとは言い切れない状態になっています。

夏の熱帯夜で寝苦しい時は一晩中つけておいても問題ありません。

その際は身体に直接風を当てないこと、冷やしすぎないことをポイントにエアコンを活用してください。

ちなみにオススメとされるエアコンの使い方は3時間~4時間タイマーをかける方法です。

人間の睡眠周期は90分です。

この90分周期を2回味わえる約3時間の間、除湿または冷房をかけて涼しくしておきます。

すると人は質の良い睡眠を味わうことができます。

一晩中エアコンをかけていることに抵抗がある方は、タイマー機能を活用するのもオススメです。

朝起きると体がだるくなる理由

夏によく聞かれるのが

「夜エアコンをかけたまま寝たらだるいし、体調壊しちゃったよ」

という声です。

この原因はエアコンの風が直接体に当たり、体を冷やしすぎてしまったことにあります。

人の体温は夕方から夜にかけ上がり、体温が下がってくると眠気が出ます。

人が眠るときは体温が下がっている状態ですが、起床時にむけて朝方から体温は上がってきます。

しかし、エアコンで冷えすぎてしまった体はこの体温上昇ができず、だるさを引き起こしてしまいます。

さらに人は汗をかくことで体温調整をしていますが、エアコンの風が直接当たっていると汗をかくことができず、体温調整ができません。

すると自律神経の乱れにつながり、体調不良を起こしてしまうのです。

この状態を避けるためにはエアコンの風向きに気を付け、設定温度も下げすぎないことです。

さらに冷たい寝具などを使い、寝ていて気持ちよい状態を作ることも大切です。

小さなお子様は親がどんなに頑張っても布団を剥がしてしまったり、寝相が悪く思いもよらないところで寝てしまいがちです。

そのため、冷房の風向きに気を付けても体調を崩しやすくなります。

ですのでスリーパーや腹巻を利用して、少しでも体が冷えすぎないよう気を付けてあげてくださいね。

扇風機はつけっぱなしでもいい?

夏の夜のエアコンについてご紹介してきましたが、夜は扇風機を使用している方も多いですよね。

「扇風機だけつけて寝ている」

「エアコンと一緒に使って風を流すようにしている」

など使い方は色々あると思います。

では扇風機は一晩中つけていても問題はないのでしょうか。

扇風機もエアコンと同じで使い方によっては一晩中つけていても問題ありません。

ただし、体に直接冷たい空気を当てないように気を付けて下さい。

基本的にエアコンも扇風機も夏の夜の注意点は同じです。

扇風機の風を体に直接当ててしまうと、体の水分が蒸発してしまいひどい時は脱水症状になってしまいます。

さらに体温が低下し、だるさや体調不良を引き起こします。

そのため、扇風機を使う場合は体に直接風を当てないよう上向きに設定してください。

これでは暑くて眠れないよという方は、必ず首振り設定にして1か所にずっと風が流れないよう工夫してください。

タイマー機能がある扇風機はエアコンと同じで3時間程度に設定するのをオススメします。

まとめ

寝るときのエアコンについてご紹介しましたがいかがでしたか?

ちょっとした工夫で快適な睡眠を味わうことができます。

寝苦しい夜は毎年あります。

ぜひ自分が快適に過ごせるエアコンの使い方を見つけて、夏の夜を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました