普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

冷凍カニの賞味期限はどのくらいなのか教えて!腐ったりするの?

冷凍カニが冷凍焼けしても食べられる?

「冷凍しているから長持ちするだろう」と思われるかもしれませんが、冷凍カニも賞味期限に気を付けなければいけない食品です。

特に注意しなければならないのは、解凍前と解凍後で賞味期限の期間が変動することです。

解凍した後の冷凍カニはそれほど長く日持ちしません。

また、冷凍カニを長期間冷凍庫の中に放置すると冷凍焼けを起こしてしまいます。

冷凍焼けは風味が落ちるだけではなく、色も変色してしまうので見た目まで悪くなってしまいます。

今回の記事では、そんな冷凍カニの賞味期限と冷凍焼けしたら食べても問題がないのかどうかについて解説していきます。

スポンサーリンク

冷凍カニの賞味期限はどのくらい?

冷凍カニの賞味期限は保存状態によって変わります。

業務用の大きな冷凍庫ならば2年は長持ちしますが、家庭にある普通の冷凍庫では1年しか持ちません。

これは、普通の冷凍庫は開け閉めすることが多いため、冷凍庫内の温度を一定に保てないことがその理由です。

また、冷凍カニを美味しく食べるには少なくとも1ヶ月以内には食したほうが良いとされています。

なので、冷凍カニの賞味期限は1ヶ月と判断して正解です。

しかし、ここで注意しなければならないのは解凍前と解凍後で賞味期限の期間が変動することです。

解凍前の賞味期限と解凍後の賞味期限は、冷凍カニの品質の関係上大きく変わります。

冷凍状態

解凍前の冷凍カニの賞味期限は1ヶ月です。

これは保存状態が関係しています。

業務用の冷凍庫の温度はマイナス35度からマイナス40度なので、鮮度と品質を保ちながら冷凍カニを保存できるのですが、家庭用の冷凍庫ではそうはいきません。

家庭用の冷凍庫の平均温度はマイナス16度からマイナス18度になります。

家庭用の冷凍庫は業務用の冷凍庫と比べて開け閉めする回数が多く、冷凍庫内の温度を一定に保てないこともあり、冷凍カニにとってはいい保存状態とは言えない状況です。

この理由から、解凍前の冷凍カニの賞味期限は1ヶ月とされているのです。賞味期限だけではなく、冷凍カニを美味しく食べられる期限も1ヶ月以内と言われています。

解凍状態

解凍後の冷凍カニの賞味期限は更に短く、2日間しか日持ちしません。

特に生の冷凍カニは傷みやすいこともあり、解凍した当日に食べることが推奨されています。

しかし、だからといって長く日持ちさせるために余った冷凍カニを再冷凍するのは駄目です。

冷凍保存は長期間保存できると思われるかもしれませんが、冷凍カニの再冷凍はカニの風味を落としてしまいますので絶対にしてはいけません。

できるだけ余らせないようにするために、その日に食べる分だけ解凍した方が良いでしょう。

どうしても余ってしまう場合はきちんと保存すれば大丈夫です。

生の冷凍カニの場合は、ボイルをしてからキッチンペーパーや新聞紙などで包みビニール袋にいれて保管しておけばちゃんと2日間日持ちします。

ボイルされた冷凍カニの場合も、余ったらキッチンペーパーや新聞紙に空気を抜いて包んで帆損しておくことが可能です。

冷凍カニは腐るの?

冷凍カニは解凍する前であれば腐ることはまずありません。

しかし、賞味期限とされる1ヶ月を過ぎてしまうとカニの品質が落ちてしまうので腐ってしまうこともあり得ます。

そもそも、カニ自体が腐りやすい性質のため賞味期限を過ぎていたり、解凍後の保存の仕方を少しでも間違えただけでも腐る原因になります。

腐ったカニは食中毒の危険が強い為、保存正体には特に気を付けなければなりません。

カニが腐った時はこのような症状が見られるようです。

鼻にツンと来るアンモニア臭がする
酸っぱい匂いがする
生ごみのような臭いがする
甲羅が黒ずんでいる
カニから出たドリップが濁っている
甲羅の下にあるエラ(ガニ)が黒ずんでいる
表面がぬるっとしていて糸を引く

カニにこのような症状が見られたら、まず腐っているとみて間違いないです。

見た目で分からなくても、食べたときに以下のような状態でしたらすぐに食べるのを止めてください。

食感に粘り気がある
酸っぱい味がする
苦い味がする

上記のような味や食感を感じたら、カニが腐っている可能性が考えられます。

冷凍焼けしても食べられる?

冷凍焼けは乾燥や酸化によって起こる現象です。

冷凍カニの場合は多少の冷凍焼けならば食べても問題はありません。

しかし、乾燥は冷凍カニの天敵ですので鮮度や品質だけではなく、風味が落ちてしまっている可能性が非常に高いです。

なので、食べても問題はなくても美味しくはないでしょう。

そこで、冷凍焼けさせない保存方法をご紹介します。

冷凍焼けをさせないためには、冷凍カニをなるべく密閉させた状態で保存することです。

包装用の袋が破れていないかチェックをするか、あるいはジップロックのような密閉性の高いジッパー付きの袋に入れ直して保存すれば、冷凍カニの冷凍焼けを防げるはずです。

まとめ

冷凍カニを長く日持ちさせるには適した保存環境が必要なので、家庭用の冷凍庫では1ヶ月が精一杯です。

そもそも、冷凍されているとはいえ、傷みやすい食品なのですから長期保存しておく方が無理な話なのかもしれません。

もし、冷凍庫の中にいつ買ったのか分からない冷凍カニがあったら、例え腐っていないようでも食べない方が無難です。

冷凍カニを手に入れたら、あまり時間を空けずに食べた方が安全に美味しく食べられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました