普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【2020】秋田の人気りんご狩りスポット!時期や値段は?

秋田県といえば東北三大祭りの「竿燈まつり」や「大曲の花火」が有名ですが、稲庭うどんやきりたんぽ鍋など食の部分でも堪能することができます。

今回は秋田県のグルメ紹介の一環として、果物主にりんごが堪能できる人気りんご狩りスポットを紹介して参ります。

秋田県ではどれだけ果物が堪能できるのかを知るための記事としても役立ちます。

スポンサーリンク

2020年【秋田】りんご狩りスポットの基本情報や時期

秋田県ではりんご狩りを楽しめるスポットがどれだけあるのか、またあったとしてもどこが多いのかもチェックしていきましょう。

加賀谷果樹園

秋田県種苗交換会農産物品評会(幸水)(第1位)農林水産大臣賞および県知事賞授賞ができる、高品質の果物を扱っているスポットが加賀谷果樹園です。

りんご以外にぶどうと梨を扱っていますが、それぞれの品種がとても多いのが特徴と言えるでしょう。

ぶどうが18品種、梨が31品種、りんごが19品種と色んな味に巡り会えますのでおすすめのスポットと言えます。

期間(時期):9月上旬~11月下旬
営業時間:9時~17時
住所:秋田県潟上市天王下出戸1-1
お問い合わせTEL:018-878-3053
料金:りんご(kg)350~400円 ※品種によって価格差がある
りんごの品種:さんさ・ひめかみ・つがる・王林・ジョナゴールド・新世界・ふじ・アルプス乙女・紅玉など
駐車場有無(台数):40台
公式ホームページ:http://www6.plala.or.jp/kagaya-kaju/

大湯観光りんご園

大湯観光りんご園は秋田県鹿角市にあるりんご園で、質の高いりんご以外にとっても美味しい無添加無加糖の完熟りんごジュースも堪能できます。

樹の上で完全熟したりんごだけを使ったこのりんごジュースは非常に美味しいと評判なので、是非一度は堪能してもらいたい一品となります。

各種りんごのもぎ取り体験や箱詰め等の農作業体験もできます。

期間(時期):9月上旬~11月下旬
営業時間:8時から17時
住所:秋田県鹿角市十和田大湯字上内野50
お問い合わせTEL:0186-37-3912
料金:不明(要お問い合わせ)
りんごの品種:つがる・千秋・北斗・王林・ふじ・ジョナゴールド
駐車場有無(台数):不明(要お問い合わせ)
公式ホームページ:http://ok-apple.net/

山麓園

秋田県鹿角市にある山麓園はつがるやジョナゴールドなどのりんごを堪能できるりんご狩りスポットです。

近くには十和田湖もありますので、秋田県観光に赴いた方向けのスポットとも言えるでしょう。

入園料は無料なのでお気軽に訪ねることもできます。

期間(時期):9月下旬~11月上旬
営業時間:9時~16時
住所:秋田県鹿角市十和田大湯字大湯54-1
お問い合わせTEL:0186-37-3568
料金:1個200円から
りんごの品種:つがる・ジョナゴールドなど
駐車場有無(台数):駐車場あり
公式ホームページ:なし

平野りんご園

平野りんご園は秋田県鹿角市のりんご園で、4haにも及ぶりんご園以外に桃園も併設されています。

ここのりんご園はりんご園は低木約1600本 、巨木約400本という大量の木々で構成されており、その数にまずは圧倒されるでしょう。

採れるりんごの種類も多く、つがる・世界一・ふじなど有名な品種もたくさんあります。

期間(時期):9月下旬~11月中旬
営業時間:要問い合わせ
住所:秋田県鹿角市花輪字小平51
お問い合わせTEL:0186-25-2208
料金:要問い合わせ
りんごの品種:つがる・世界一・ジョナゴールド・むつ・王林・ふじなど
駐車場有無(台数):要問い合わせ
公式ホームページ:http://www.eurus.dti.ne.jp/~k-apple/

小原果樹園

小原果樹園のりんご狩りはなんと1袋約10kgほどお持ち帰りが可能なりんご狩りで、持って帰れる量がものすごいことになります。

1回のりんご狩りは3000円とちょっと割高に感じるかもしれませんが、その量を考えると圧倒的に安いプランであることに気がつくでしょう。

あまりにも量が多いので、必ずその量を調理する方法を用意しておく必要があります。

期間(時期):11月
営業時間:8時から18時
住所:秋田県横手市増田町亀田鷹ノ嘴17
お問い合わせTEL:050-3312-4748
料金:大人3000円で収穫したりんご1袋10kg程度をお持ち帰り可
りんごの品種:ふじなど
駐車場有無(台数):10台
公式ホームページ:なし(Facebookはhttps://ja-jp.facebook.com/pages/category/Agricultural-Cooperative/%E5%B0%8F%E5%8E%9F%E6%9E%9C%E6%A8%B9%E5%9C%92-%E5%B0%8F%E5%8E%9F%E8%A3%95%E6%A8%B9-137144706928271/

りんご狩りを含めた果物狩りの注意点について

果物狩りは非常に楽しい思い出となってくれますが、いくつかの注意点があります。

その注意点を守って行動しないと楽しさも半減してしまう恐れがあるのです。

値段に注目しすぎない

食べ放題とか取り放題という言葉を聞くと人間はどうしても「これはお得だからできるだけ大量に食べる」とか「大量にお持ち帰りできればとってもお得」という考え方が浮かんでしまいます。

たしかに、金額にこだわった場合は別途入場料や果物狩りの費用を考えて、どれだけの量をお持ち帰りできれば、食べればお得になるのか計算する必要があるでしょう。

しかし、このように計算しすぎると逆に「これだけ持ち帰られないと元が取れない」とか「いっぱい食べないと損をする」という思考で頭の中が埋め尽くされてしまいます。

こうなるとどれだけ美しい景色を見ても、どれだけ普段体感できないことを実際にやってみても感動も喜びも半減する恐れがあるのです。

今自分たちが行っている果物狩りは何事にも変えることが出来ない貴重な思い出として残りますので、この思い出として残る素敵な時間をしっかりと堪能することもプライスレスですがとっても大切なことだと思います。

そのため、値段や金額に注目しすぎるのは止めた方がいいです。

果物狩りのルールを調べること

果物狩りにも実は色々とルールがあります。

30分という時間が設けられているとか、持ち帰れる量に制限があるとか、持ち帰るには実は買取制になっているとか、園内で食べ放題になっているとか色んなルールがあるのです。

それらのルールがどうなっているのかをきちんと把握しておくことも重要になります。

温室で栽培されているかどうか

果樹園によっては温室で栽培されているため雨が降っていても問題なく果物狩りができるケースがあります。

天候だけはなかなか読めませんので、雨天でも実行可能かどうかを調べておくことも重要になるでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は秋田県のりんご狩り人気スポットを紹介して参りました。

秋田県はそこまでりんご狩りができるスポットは多くないようです。

それでも楽しめるスポットはいくつかありますので、東北を周遊しているという人にとっては十分に堪能できるでしょう。

果物以外でも名物がたくさんある秋田県ですので、そちらも堪能しながら果物狩りを体験できれば素晴らしい思い出になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました