普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【敬老の日】祖父母に滑り止めのついた靴下をプレゼントしよう!

敬老の日におじいちゃんおばあちゃんが喜ぶ滑り止め靴下を教えて!

敬老の日には靴下をプレゼントするという人は何気に多いのですが、敬老の日向けの靴下を選ばないといけません。

今回はこの敬老の日向けの靴下の代表例である、滑り止めがついている靴下を具体的に紹介してまいります。

他にもどのタイプの靴下が敬老の日のプレゼントとして人気なのかも、しっかりとチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

【祖父母向け】敬老の日に滑り止めのある靴下をプレゼント!

それでは具体的に滑り止めがついている靴下を紹介していきます。

シルク 靴下 5本指フットカバー 3足セット シルク専門店イーズクリエーション

シルク5本指フットカバーは指と指の間が広げられる感覚が病みつきになる素敵な靴下で、冷え性対策にも汗対策にも使える靴下となっています。

いわゆるレディース向けの靴下となっていますので、おばあちゃんにプレゼントしたいときに購入してください。

評価には「ストッキング・タイツの下や靴下の下に着用しています。汗を吸ってくれるので、靴の中が蒸れることなく、また素材がシルクなので、冷え知らずでとても良いです」とか「パンプスから見えない・靴の中でかかとが脱げない・外反母趾、内反小趾でも履いていて辛くない・むれない・むくまない・疲れない…という点。履いてみたら全部クリアしてくれました!」といった喜びの声が中心です。

クールマックス フットカバー

こちらはインビスタ社が開発した特殊な繊維で、普通の繊維より表面積が広く綿の約5倍の速さで汗を蒸散させる性能があります。

ストッキングやタイツは汗の渇きが悪いと一気に冷え込むことがありますが、このように汗対策がばっちりな靴下ならば冷え性対策にもなるのです。

その特性から部屋干しでもすぐに乾くという特徴もあり高評価が集まっています。

綿100% オーガニックコットン 日本製靴下&アロマ専門店 apple

肌が弱い人でも問題なく履ける農薬や化学肥料を使っていないオーガニックコットンと使った靴下です。

その独特な肌触りから靴下嫌いの人たちにも高評価をいただいており、さらに上品な仕上がりから見た目に対する公表も集まっています。

評価には「保育園勤務で、室内滑らないように滑り止め靴下を探してました。他のショップで購入したものは1回履いたら滑り止め部分がポロポロとれ、使い物にならず(廊下に落ちて子供が食べたら大変!)こちらで購入したものは、問題なく大変重宝しています。色も5種類ありましたので、リピートでまた3足注文しました」といった満足したという声が中心です。

敬老の日にプレゼントする靴下の選び方

敬老の日の靴下を選ぶときのコツは大きく分けて3点です。

それは「暖かくなるタイプの靴下を選ぶこと」「滑り止めがついているタイプの靴下を選ぶこと」、そして「足首を締め付けないタイプの靴下にすること」となっています。

敬老の日は9月の第3月曜日と決まっていますので、基本的には寒くなっていくのです。

それを踏まえて暖かいタイプの靴下を選ぶことが重要になります。

また、敬老の日むけのプレゼントとなる靴下は室内で履くことが多いので滑り止めがついている靴下が喜ばれる傾向にあります。

そして、足首の締め付けなのですがお年寄りは若い人と比べると血行不良といった肉体的な不調が発生しやすくそのことから足のむくみに悩んでいる人も多くなりがちです。

そのため、むくみの人でも履きやすいタイプの靴下として「足首を締め付けないタイプの靴下にすること」が推奨されます。

そもそも靴下をプレゼントしても大丈夫?

敬老の日のようなお年寄りを敬う日というのは靴下をプレゼントするのはマナー違反であるという意見がありました。

しかし、その意見は現代社会ではだいぶ薄れているので気にする必要はないという意見のほうが多くなっているのです。

個人的には靴下を敬老の日でプレゼントする人も当たり前となっていると感じているので、そのマナーや風習はすたれたと考えたほうがいいと思います。

昔は靴下をプレゼントするということは「相手を踏みつける」という意味で見られていたので、特に目上の人は絶対にしてはいけないといわれていたのですが、今の日本ではあまり知らない風習となっているのです。

ちなみに、こういった縁起の良しあしや慣習によってえらばないほうよいと呼ばれているものはかなりいろいろとあります。

そちらも具体的に紹介してまいりましょう。

具体的にプレゼントをしないほうが良いといわれているものについて

敬老の日のようなお年寄りを敬う日というのは靴下をプレゼントするのはマナー違反であるという意見もありましたが、同じようにNGと考えられているものがあります。

そちらもチェックしておきましょう。

年齢を連想するプレゼント

これは非常に難しいのですが「もらった人が自分がお年寄りであるということを連想させるようなプレゼントはNGである」という考え方があるのです。

この「もらった人が」というのが厄介なところで、自分は大丈夫だと思ってもその人からするとマイナスに捉えてしまうというケースがあるのです。

実際にあった例として、親切心で入れ歯洗浄機をプレゼントしたという人でも「普段使っている透明な入れ歯用のコップは見た目が良くないからこのようなプレゼントをした」とマイナスに受け止められてしまったというお話があるのです。

根付いているプレゼント

植木鉢とか鉢植えの花のように「根付く」ものをお年寄りにプレゼントするのはNGという風習もあります。

これは「根付く」という言葉が寝たきりを連想させる「寝付く」という言葉につながるという発想です。

しかし、昨今ではお花をプレゼントするときに植木鉢をセットにするというケースもあるので、この言葉もほとんど意識していない人もいるでしょう。

それでも気になるという方は花束やフラワーアレンジメントが推奨されます。

ハンカチは避けたほうがいいかも

ハンカチは漢字で「手巾」と記載するのですが、実はこの「手巾」は「てぎれ」とも読むことができるので、贈り物には向いていないという意見があります。

いわゆる「縁切り」や「別れ」を連想させてしまうのでNGという考え方です。

日本茶

日本茶はプレゼントとして贈られることも多いのですが、実は仏事に使うというイメージが強いので長寿をお祝いする敬老の日にはプレゼントしないほうがいいという意見があるのです。

個人的な意見ですが、これは意識していない人もいますのでそういった考え方もあるという認識でいいでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は敬老の日向けに滑り止めがついている靴下を紹介いたしました。

滑り止めがついている靴下は敬老の日のプレゼントとして推奨されることが多いので、靴下を贈りたいという方は選択肢に入れましょう。

昔は靴下をプレゼントとして目上の人に贈るのはNGという風習がありましたが、今では気にしている人も少ないので意識しないでプレゼントとして選んでいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました