普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【2021】沖縄の人気いちご狩りスポット!時期や値段は?

観光名所が多い沖縄県ですが実はいちご狩りを楽しめるスポットも存在しているのです。

今回は沖縄県におけるいちご狩りの人気スポットをいくつか紹介してまいります。

いちご狩りをする上で重要なおいしいいちごの見つけ方や、いちご狩りをする上で覚えておきたい注意点もセットで紹介してまいります。

スポンサーリンク

2021年【沖縄】いちご狩りスポットの基本情報や時期

沖縄県でいちご狩りができるスポットをそれではいくつか紹介してまいります。

美らイチゴ 南城ハウス

「美らイチゴ 南城ハウス」は沖縄県におけるいちご農園として最大規模のスポットとなっています。

那覇空港から車で30分ぐらいで到着できるという立地にありますので、沖縄観光をレンタカーで行いたいという人には覚えてもらいたいスポットにもなっております。

沖縄の太陽・土・水を使って育ったいちごは格別でこのいちごを使ったオリジナルイチゴスイーツもあります。

期間(時期):12月~5月
営業時間:10時~売り切れまで
住所:沖縄県南城市玉城垣花555
お問い合わせTEL:090-4581-4115
料金:40分食べ放題プラン中学生以上2,000円、小学生1,400円、幼児・高齢者・障がい者900円、3歳未満無料。摘み取り用パックプランR(約250g)750円、L(約350g)1,000円。食べ放題プランでの持ち帰りR(約250g)500円、L(約350g)700円
いちごの品種:よつばし・かおり野・恋苺・恋みのりなど
駐車場有無(台数):100台
公式ホームページ:http://www.chura-ichigo.jp/

美らイチゴ 糸満ハウス

「美らイチゴ 糸満ハウス」は糸満市にあるいちご農園です。

立地的にはひめゆりの塔に近く、日本における最南端のいちご農園という声もあります。

先に紹介した「美らイチゴ 南城ハウス」とは経営している会社が同じなのでホームページも同じサイトにあります。

同じ会社が経営してはいますが、それぞれのいちご園で別の特徴を備えているのです。

こちらは地元沖縄のアイスクリーム店である「South&North」と共同開発したアイスクリームを扱っているため、アイスクリーム好きの方は注目度が高いでしょう。

期間(時期):12月~5月
営業時間:10時~売り切れまで
住所:沖縄県糸満市伊原352
お問い合わせTEL:090-4581-4115
料金:40分食べ放題プラン中学生以上2,000円、小学生1,400円、幼児・高齢者・障がい者900円、3歳未満無料。摘み取り用パックプランR(約250g)750円、L(約350g)1,000円。食べ放題プランでの持ち帰りR(約250g)500円、L(約350g)700円
いちごの品種:よつばし・かおり野・恋苺・恋みのりなど

宜野座村農業後継者等育成センター

「宜野座村農業後継者等育成センター」は「かおりの」と「よつぼし」を扱っている沖縄県国頭郡の農園です。

平日の火曜から木曜と、土・日曜の午前中のみ開園していること、そして三かが予約制で受付人数制限があることも踏まえたうえで行動することが大切なスポットとなります。

持ち帰りをしたい方は100g150円となっています。

期間(時期):1月~5月
営業時間:9時~12時と13~16時、土日は9時~12時のみ
住所:沖縄県国頭郡宜野座村宜野座1579-3
お問い合わせTEL:080-6495-1515
料金:40分食べ放題で中学生以上1,500円、小学生以上1,000円、2~6歳700円。お持ち帰りは100g150円(いちごが少ないときは購入制限や購入不可になることも)
いちごの品種:かおりの・よつぼし
駐車場有無(台数):なし
公式ホームページ:http://ginoza-ichigo.net/%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%94%e7%8b%a9%e3%82%8a%e8%be%b2%e5%9c%92/%e5%ae%9c%e9%87%8e%e5%ba%a7%e6%9d%91%e8%be%b2%e6%a5%ad%e5%be%8c%e7%b6%99%e8%80%85%e7%ad%89%e8%82%b2%e6%88%90%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc/

なかま苺農園

「なかま苺農園」は沖縄県国頭郡にあるいちご園の一つで、40分食べ放題コースが用意されています。

地元の人たちや観光客からも人気のスポットです。

期間(時期):1月~5月
営業時間:9時~17時
住所:沖縄県国頭郡宜野座村字惣慶1923-3
お問い合わせTEL:080-8382-2524
料金:40分食べ放題で中学生以上1500円から
いちごの品種:かおりの・よつぼし
駐車場有無(台数):要問合せ
公式ホームページ:http://ginoza-ichigo.net/%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%94%E7%8B%A9%E3%82%8A%E8%BE%B2%E5%9C%92/%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%BE%E8%8B%BA%E8%BE%B2%E5%9C%92/

志良堂いちご園

「志良堂いちご園」は沖縄県国頭郡にあるいちご園で、先ほど紹介した「宜野座村農業後継者等育成センター」の隣にあります。

いちごの品種がかなり多く様々ないちごを堪能できる場所なので、いろいろと味比べをしたいという方にお勧めです。

期間(時期):1月~5月
営業時間:ご案内は10時~11時、11時~12時、12時~13時、13時~14時
住所:沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座1581番地
お問い合わせTEL:080-8351-8677
料金:中学生以上1500円から
いちごの品種:かおりの・よつぼし・紅ほっぺ・恋みのり・紅ゆうな・しずくっこなど
駐車場有無(台数):要問合せ
公式ホームページ:http://ginoza-ichigo.net/%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%94%E7%8B%A9%E3%82%8A%E8%BE%B2%E5%9C%92/%E5%BF%97%E8%89%AF%E5%A0%82%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%94%E5%9C%92/

ともや農場

「ともや農場」は養鶏場も営んでいる沖縄県中頭郡にある農場です。

水曜日は団体予約のみ営業、土曜日と日曜日にいちご狩りを行っている農園ですので訪れる予定を考えている方は営業日時をチェックしておきましょう。

期間(時期):1月~5月
営業時間:10時~15時、いちごがなくなり次第終了
住所:沖縄県中頭郡中城村北上原552-1
お問い合わせTEL:090-1946-1247
料金:40分食べ放題で中学生以上1,728円、小学生1,546円、小学生未満1,273円、歩行前乳児無料(税別)
いちごの品種:さちのか
駐車場有無(台数):11台
公式ホームページ:https://tomoyafarm.wixsite.com/site

おいしいいちごの見つけ方や注意点について

いちご狩りをするときに覚えてもらいたいのがおいしいいちごの見分け方です。

おいしいいちごは基本的に「根元まで真っ赤に熟している」「形は逆三角形よりもひし形に近い」「ガクが反り返っている」の3つの特徴を備えています。

「根元まで真っ赤に熟している」いちごは糖度が高くおいしいいちごになっている特徴ですし、「形は逆三角形よりもひし形に近い」いちごはそれだけ糖分が詰まっている証となるのです。

そして「ガクが反り返っている」いちごは完熟期に近づいているというサインであり、それだけ甘いいちごになっている可能性が高まります。

また、いちご狩りを楽しむときはスカートではなく動きやすい服や靴を用意することが大切ですが、いちご狩りはハウス栽培が基本でハウス内はかなり温かいのも特徴です。

冬に楽しめるいちご狩りは厚着をしての移動となりますが、いちご狩りは冬着のままではかなり暑いので脱ぎ着できる服装にしてください。

また、ハウスの中では授粉用にミツバチがいるケースもあり、このミツバチは黒い服を標的にすることがありますので、黒服は避けたほうがいいといわれております。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は沖縄県におけるいちご狩りスポットを紹介してまいりました。

沖縄県にもこのようにいちご狩りが楽しめるスポットがかなりあります。

沖縄県に旅行に出かけたという方、特に旅行に出かけてレンタカーで沖縄県を移動する予定があるという方は今回紹介したいちご狩りスポットをぜひ巡ってもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました