普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【5月の誕生石】エメラルドの意味や由来!宝石言葉はなに?

エメラルドの色や効果を教えて!お手入れ方法は?

翠玉や緑玉という名前で知られているエメラルドですが、この宝石は5月の誕生石なのです。

そこで、今回はこの5月の誕生石であるエメラルドの伝承や意味や宝石言葉、具体的な色や効果、そしてお手入れの仕方について記載してまいります。

エメラルドは大手ネット通販サイトだといくらぐらいのものが一番取引されているのでしょうか。

スポンサーリンク

「エメラルド」の意味や由来

エメラルドは日本語で翠玉や緑玉と呼ばれる宝石ですが、鉱物学的性質としてはベリル(緑柱石)の一種に該当しており、ベリリウムを含む鉱物なのです。

いわゆるアクアマリンやモルガナイトもこのベリルに該当しております。

必ず内部に傷が発生してしまうのですが、価値が高いものは傷が少ないものであり傷が少ない天然ものが価値の高いエメラルドとなります。

その中でも濃い緑色で明るく輝くものが最上級のエメラルドとなるのです。

主にコロンビアやブラジルといった南米地域や7割以上採掘されるので、主な産地は南米という認識が強いでしょう。

このエメラルドはサンスクリット語の「スマラカタ」という言葉が語源となっており、意味は「緑色の石」と直接的なものとなっています。

傷が少なく輝くエメラルドはインカ帝国では非常に豪華な首飾りやペンダントとして活用していたようで、一部の神殿ではふんだんにエメラルドを使って豪華絢爛な様子を見せていたようです。

このインカ帝国をスペインが征服してからヨーロッパでもエメラルドが流通するようになったといわれております。

他にも、逸話として紀元前4000年頃のバビロニアでも宝飾品としてエメラルドが使われていたというものがありますし、古代エジプトの女王であるクレオパトラもクレオパトラ鉱山と呼ばれていた場所からエメラルドを採掘させてこよなく愛したといわれております。

クレオパトラはとにかくエメラルドが好きだったという話が残されており、他の国の要人には自国や自分の象徴としてエメラルドに似顔絵を掘って贈ったという逸話もあるようです。

また、エメラルドを愛しすぎたためにエメラルドを採掘できると思われる場所はひたすら征服したとすらいわれております。

共和制ローマ時代の政治家であり文筆家であり軍人のユリウス・カエサルも治療のためにエメラルドを集めたという逸話があるようです。

サンスクリットの医術ではどうやらエメラルドには解毒作用があるといわれており、古代のアラビアやペルシアでもそれに似た解毒に使える作用がエメラルドにあるといわれていたので、その話にもつながっているのでしょう。

ソロモン王の伝説にもエメラルドが登場していたという噂があります。

宝石言葉について

5月の誕生石であるエメラルドには幸運・幸福・夫婦愛や安定・希望・始まりといった宝石言葉があります。

夫婦円満な関係にしてくれるとか愛の成就に役立ってくれるとも言われている宝石なので、恋人がいる人や夫婦に必要な宝石かもしれません。

また、「愛の石」という異名を持っており恋愛運アップなどの効果もすごいといわれております。

愛を長続きさせる作用もあるといわれているので、浮気防止にも使えると力説する人もいるようです。

古代エジプトで愛された宝石であるエメラルドは、当時のエジプトでは「繁殖と生命のシンボル」としても扱われており、命をつかさどる宝石という扱いだったようです。

そこから、解毒作用がある万能薬のような扱いをされるようになったのかもしれません。

エメラルドの色や効果は?

エメラルドは基本的に緑色であり、明るく濃い緑色のものが最も価値があるといわれております。

黄緑色をしたエメラルドも存在するのですが、それはエメラルドではなくヘリオドールやグリーンベリルといった別の名前で扱われるようになって、価値がとっても下がってしまうようです。

つまり、現代的な価値観では画像のような濃い緑色がエメラルドだと思ってください。

ただし、傷があることが当たり前の宝石なので宝石加工の腕以上に問われる宝石でもあるようです。

かなりの傷物も宝石として流通させるためには、その傷を魅せなくするためのテクニックが必要となっており化学的処理を施す人によって宝石の見栄えもだいぶ変わってくるといわれております。

下手な人が処理すると時間の経過とともにオイルが蒸発して、傷が見えるようになったり色が変わってしまうこともあるようです。

加工業者のテクニックが問われる宝石なのです。

お手入れ方法を教えて!

いろんな宝石を調べてきましたが、どうやらその中でももっとも扱いにくい部類に入る宝石のようです。

エメラルドは太陽光だけではなく水にもあまり強くないので、ただの水拭きもNGなのです。

基本的なやり方はぬるま湯の石鹸水を使って優しく磨くことですが、それ以外の方法はできないと考えたほうがいいでしょう。

洗剤分を水でちょっと洗い流す程度ならば問題ないので、中性洗剤や石鹸水をつかって汚れを落とした後は布で水分を拭き取って自然乾燥させましょう。

汚れがちょっと目立つ場合は柔らかい絵筆などを使って洗剤を泡立ててください。

超音波洗浄器やスチームクリーナーなどは他の宝石ではピカピカにするためによく使われるのですが、エメラルドにはNGとなってしまいます。

市販されているエメラルドは傷の補修などにオイルや未硬化樹脂が使われているので、高温に長時間ふれているとそれらがフラクチャーからにじみ出て宝石としての価値が一気に下がる恐れがあるのです。

エメラルドを使ったアクセサリーを紹介!

K18天然エメラルドピアス 3mm エメラルド ピアス K18 ピアス 18k ピアス 18金 5月誕生石

天然のエメラルドを使ったピアスです。

価格はなんと4200円と非常に安く、この価格で天然物のエメラルドが手に入るというのは稀でしょう。

楽天でも非常に人気のある商品で、5点満点の平均レビュースコアが4.4点となっております。

購入者は20代から40代の女性の集中しており、男性から女性にプレゼントするというよりは、女性が気に入って自ら購入するというケースが多い商品のようです。

購入者の方々はエメラルドの緑色が予想よりも濃いことを気に入っている人も多く、やはり濃いエメラルドグリーンはそれだけで大きな満足度を与えてくれるのでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は5月の誕生石であるエメラルドについての情報をまとめました。

エメラルドはクレオパトラに愛された宝石としてかなり有名で、古代エジプトや歴史の有名人好きはなんとなく小耳にはさんだ情報だったと思います。

しかし、薬にも用いられていたというのがちょっとびっくりで現代医学では絶対にありえない考え方といえるでしょう。

いろんな逸話が絡んでそのような考え方になったと思うのですが、なかなかに怖い使い方だと思います。

また、傷ついているのが当たり前の宝石というのも面白い情報で、それゆえに管理が難しいというのも注意点でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました