普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

50代の人必見!温泉旅行にオススメの季節ごとの服装まとめ!

スポンサーリンク

50代の人達でも楽しめるのが温泉旅行ですが、その年齢になると昔とは違ったコーディネートを意識するようになります。

そこで、今回は50代の人にオススメの温泉旅行で季節ごとの服装をまとめて紹介します。

服装選びがはっきり言って難しくてよくわからないとう人にもわかりやすく解説するので、どんな服装がいいのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

50代の人必見!温泉旅行にオススメの季節ごとの服装まとめ!

ファッションはやはり具体的な画像が無いと想像するのが難しいので、様々なサイトから参照事例として引っ張ってきましょう。

その画像を見てから自分に合うかどうかを考えて選んでください。

基本となってくるのが温泉旅行なので、女性はゆったりとした服装が推奨されます。

春の温泉旅行の服装

参照URL:https://www.felissimo.co.jp/niau/1937/

50代という年齢を考えてあまり派手な色合いが好みでは無いという指摘も多くなりそうなので、その中からできるだけシックなものをチョイスしました。

こちらは参照のサイトにもあるようにゆったりめのニットをベースにしてフェミニンな要素を取り入れたコーデです。

ブーツが厳しいという方は靴を変えるといいでしょう。

参照URL:https://item.rakuten.co.jp/pierrot/ks1806-031176/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_0_10002106

こちらはサマーフェアで売られているのでいわゆる秋向けのファッションですが、色違いにより春にも適していると判断して推奨しています。

いわゆるベルト付きのロングシャツで、スリット入りなので温泉旅行でも動きやすい服装になっているのがポイントです。

羽織りとしても使える万能的さがかなり重宝できます。

温泉旅行に行かれる方はこれを一着もっているとかなり便利でしょう。

夏の温泉旅行の服装

参照URL:https://hitoritabi-kaigai.com/coordinate-kyoto/

こちらは夏の50代ファッションでとっても頼りになるサイトを見つけたので、まずはそちらを見てもらいたいです。

画像もそこから参照しています。

できるだけ衣類の量はシンプルにしたいのでそれを加味して選んでいることが随所に感じられます。

リブスリットパンツとニットアンサンブルと白のスニーカーというセットで、快適に動けるコーデとなっています。

他には以下のファッションもいいでしょう。

参照URL:https://www.felissimo.co.jp/niau/1937/

こちらはルーズ感あるニットとチノライクなテーパードパンツというセットで、夏場でも動きやすい格好になっています。

ただし足湯を楽しむという時はある程度たくし上げる必要があるのでたくし上げられる余裕があるパンツが求められる点は注意してください。

秋の温泉旅行の服装

秋になるとかなりコーデ記事が増加されるので、50代向きのファッションも探せば色々と見つかるようになります。

参照URL:https://store.hpplus.jp/eclat/shop/g/g315206/?aid=gr_rc&vc_lpp=MSY5MmFjN2FlNjdhJjYzNzFmYmI4JjI3YmE1MCY2M2MxMTViNyZZM0g3dHdBRWt4cmQ4UVhkd0tocERNQ29hU2NlT2cmNAlZM0g3dHdBRWt4cmQ4UVhkd0tocERNQ29hU2NlT2cJMDg4NTg4MDIwMjAyNzI5MDY2MjIxMTE0MDgyNjMxCQkJ&id=vc_general&utm_source=valuecommerce&utm_medium=affiliate&utm_campaign=vc_ad_general

こちらはボリューム袖ブラウスとグレーデニムのセットというコーデです。

靴に関しては歩き回ることを考えるとスニーカーに切り替えた方がいいでしょう。

参照URL:https://hitoritabi-kaigai.com/onsentabicode/

先ほどの夏場でも紹介したサイトが秋向けのファッションにも触れていたので紹介しています。

こちらはグレーベージュのタートルネックニットとニットパンツのセットアップとなっており、50代にまさにぴったりな秋向けのファッションでしょう。

こういった落ち着いた色合いを好む人も増える年代ですので、誰からも受け入れられやすいのも特徴です。

冬の温泉旅行の服装

冬になるとコーデのバリエーションも一気に増えてきます。

参照URL:https://store.hpplus.jp/fs/shop/g/g3855540000FS_r11085/?vc_lpp=MSY3MDMxOGIxNTdhJjYzNzFmYzljJjI3YmE1MCY2M2MxMTY5YiZZM0g4bXdBTEYzX2Q4UVhkd0tocERNQ29hUTJJcncmNAlZM0g4bXdBTEYzX2Q4UVhkd0tocERNQ29hUTJJcncJMDg4NTg4MDIwMjAyNzI5MDY2MjIxMTE0MDgzMDE5CQkJ&id=vc_general&utm_source=valuecommerce&utm_medium=affiliate&utm_campaign=vc_ad_general

こちらはスポーティーなダウンパーカーとプリーツスカートを使ったダークカラーベースのコーデです。

落ち着いた色合いが好まれるでしょう。

冬場の旅行はしっかりと暖かい格好をしないと動くのも大変なので、暖をとれるかどうかも意識してください。

参照URL:https://store.hpplus.jp/fs/shop/g/g4040460101FS_r11085/?vc_lpp=MSZlYjEzMTI2YjdhJjYzNzFmZDFjJjI3YmE1MCY2M2MxMTcxYiZZM0g5R3dBTWJpUGQ4UVhkQ29JQ3JRcUNBbjNLdUEmNAlZM0g5R3dBTWJpUGQ4UVhkQ29JQ3JRcUNBbjNLdUEJMDg4NTg4MDIwMjAyNzI5MDY2MjIxMTE0MDgzMjI3CQkJ&id=vc_general&utm_source=valuecommerce&utm_medium=affiliate&utm_campaign=vc_ad_general

こちらはボアコートとボーダーニットをセットにした冬向けのコーデで、できるだけ可愛いタイプのコーデを好む方にオススメです。

温泉旅行に持っていく持ち物は?

温泉旅行に行くときに必要な持ち物はたくさんあります。

かなり数があるので、ここでは必須の持ち物とあったら便利という持ち物に分けて紹介しましょう。

それぞれの荷物についても軽く触れていきます。

必須の荷物について

まずは箇条書きで記載していくので一気に確認していきましょう。

服装・下着・お金・スマートフォン・スマートフォンの充電器・保険証・クレジットカード・常備薬・洗顔・スキンケア用品・濡れた着替えを入れるための袋・整髪料・メイク用品・クレンジング・生理用品・ドライヤー・防寒具・UV対策用品・雨具・家の鍵

服装や下着やスマートフォンそして充電器あたりは、旅行では必須でありもはや当たり前のものでしょう。

保険証は何かあったときのために必須ですので、旅行に行くときは必ず持ち歩いてください。

常備薬は頭痛薬や酔い止めなどが入っていますが、万が一のことを考えて風邪薬も入れておくといいかもしれません。

クレジットカードは現代ではスマートフォンと連動しておりそちらで決済を済ませているという方も多いと思いますが、対応していない所もありますのでクレジットカードを用意した方がいいです。

手持ちの現金が足りなくなったときの保険にもなります。

洗顔やスキンケア用品は旅行先のアメニティがどれだけ揃っているのかで持っていく量が変わりますが、変えることに抵抗があるという人は持っていった方がいいでしょう。

あとは、衣類を持ち帰るときに濡れていると持ち歩くのが大変なのでそれを入れるための袋は必須です。

化粧品や生理用品は女性ならば必須で有りそれらが無いと間違いなく不安になるので、用意してください。

化粧品はメイクができないと楽しめなくなることも多くなるのでもちろん必須です。

クレンジングもセットで持っていきましょう。

ドライヤーに関しては意見が多少分かれますが、お部屋にあるドライヤーが古くて性能的によろしくないというケースが結構あるので、できれば持ち歩いた方がいいです。

防寒具やUV対策は冬や夏なら必須でしょう。

雨具や家の鍵はもはや常備している人が多いと思います。

あったら便利な荷物について

こちらは必須ではないけどあった方がいいものを列挙します。

髭剃り・ガイドブック・サブバッグ・小銭入れ・可愛い眼鏡・マスク・ワクチン接種証明書・音楽プレイヤー・水筒・のど飴・アイマスク・カーチャージャー・カメラ・水着

髭剃りはそこまで髭が濃くないという方なら問題ないのですが、気になる方は持ち歩きましょう。

ガイドブックはスマートフォンで全部の情報が手に入る時代でも旅先の見所情報を見られるので個人的にはあった方がいいと思います。

暇なときに読めるのも大きいです。

サブバッグは必要なときにだけ容量を増やせますし、ちょっとした行動にはこちらの方が動きやすいのでオススメです。

可愛い眼鏡はすっぴんを見せることになるので、そのときに眼鏡が渋すぎるとカップル旅行だとマイナスに働く恐れがあっての提案になります。

ワクチン接種証明書はこれがあると割引になるところもあるので、あった方がいいです。

水着は旅行先が海辺の温泉地や複合施設だとプールには入れたり海にでられたりするので、そういった旅行ならばあった方がいいと言えます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は50代の方向けの温泉旅行ファッションを紹介しました。

温泉旅行向けのファッションだと大量の情報がありますが、これが50代と限定すると一気に情報が減ります。

年齢にこだわって探すのはかなり難しいことがわかったので、紹介されているファッションの中から自分にマッチする服装を探すというスタイルの方がいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました