普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

隅田川花火大会の花火を綺麗に撮れる人気撮影スポットはどこ?

夜空に打ち上げられた大きな花火
スポンサーリンク

隅田川花火大会は、東京の夏の風物詩として知られています。

約20,000発もの花火が夜空を美しく彩り、多くの人々を魅了します。

特に、花火を美しく撮影しようとする写真好きな人にとっては、最高の撮影チャンスです。

このイベントで素敵な花火の写真を撮るためには、最適な撮影スポットを知ることが非常に重要です。

ここでは、隅田川花火大会での撮影におすすめのスポットと、撮影時のポイントを紹介します。

スポンサーリンク
  1. 隅田川花火大会の花火を綺麗に撮れる撮影スポット!
    1. 白髭橋(しろひげばし)
    2. 隅田公園
    3. 汐入公園(しおいりこうえん)
    4. 大横川親水公園
    5. 駒形どぜう前
    6. 厩橋(うまやばし)
  2. 花火の撮影で必要な物は?
  3. 隅田川花火大会オススメの楽しみ方!
  4. 花火大会に関するよくある質問
    1. 花火大会とは何ですか?
    2. 花火大会の起源は何ですか?
    3. 花火大会ではどのような種類の花火が打ち上げられますか?
    4. 花火大会はどこで見ることができますか?
    5. 花火大会での服装について教えてください。
    6. 花火大会での飲食について教えてください。
    7. 花火大会の観覧場所はどこがおすすめですか?
    8. 花火大会は何時頃から始まり、何時頃に終わるのですか?
    9. 花火大会での駐車場について教えてください。
    10. 花火大会の混雑時にはどのように対処すればよいですか?
    11. 花火大会の天候による中止の場合、返金や振替対応はあるのですか?
    12. 花火大会の撮影について教えてください。
    13. 花火大会にはペットを連れていってもよいのでしょうか?
    14. 花火大会のマナーについて教えてください。
    15. 花火大会に子供を連れて行く場合の注意点はありますか?
    16. 花火大会の混雑を避けるためにはどうすればよいですか?
    17. 花火大会でのアルコール類の持ち込みは可能ですか?
    18. 花火大会での蚊や虫対策について教えてください。
  5. まとめ

隅田川花火大会の花火を綺麗に撮れる撮影スポット!

隅田川花火大会でのオススメの撮影スポットをいくつかご紹介していきたいと思います!

ポイントをおさえて最高の1枚を撮影しちゃいましょう!

まずは、第一会場のオススメ撮影スポットから見ていきます!

白髭橋(しろひげばし)

今では知られすぎているこちらのスポット!

花火の迫力を感じることができます!

桜橋から上流へ300mほど行ったところにある橋で、絶好の花火ビュースポットとして知られています!

上流に歩いていけば東京スカイツリーとのツーショットも撮影できちゃうので、かなりオススメです!

隅田公園

特に台東区側は遮る建物などがないため眺めは最高です!

人気の観覧スポットとして知られているため、午前中には場所とりシートでいっぱいになります。

朝9時には場所がなくなる場合もあるそうなので、ここで撮影する方は早めの行動がカギとなります!

汐入公園(しおいりこうえん)

会場が離れているため混雑を避けられる穴場のスポットです!

やや距離はありますが、お子様や高齢の方をお連れする方にはゆったりと花火を楽しめるのでオススメの場所です!

花火の音も小さめなので、安心して子供を連れて行けます!

お次は第二会場のオススメ撮影スポットです!

大横川親水公園

会場から離れているため花火は小さいですが、のんびりムードが漂うおすすめスポットです!

公園近くの東駒形三丁目交差点はスターマインも鑑賞できるので最高の1枚が撮影できるチャンスです!

人出が分散されて混雑なく楽しめると思います!

駒形どぜう前

老舗有名料理店の駒形どぜう前は、間近で打ち上がるため迫力ある花火が撮影できます!

夕方からの交通規制までは場所取りが禁止されているため、勝負は規制直後と言われています!

夕方から準備しておけば最高のビュースポットを確保できるかも!

厩橋(うまやばし)

第二会場の打ち上げ場所から、ほぼ真正面に位置するのが厩橋です。

ここからはスカイツリーも眺められるので大人気!

ただし、台東区から墨田区への一方通行となるので、アクセスには気をつけてくださいね!

歩きながらも撮影できる場所なのでオススメですよ!

以上が隅田川花火大会の花火を綺麗に撮影できるオススメのスポットです!

今年はどこで花火を撮影しようかお悩みの方は、ぜひこれらの場所で臨場感ある花火を撮影されてみてはいかがでしょうか?

花火の撮影で必要な物は?

私も毎年花火大会で撮影はしていますが…

多分人生で一回も綺麗に撮れたことがないっていう(笑)

花火がパァッと開いた瞬間を撮影したくてもパシャッと撮れた頃には時すでに遅し…。

そんな経験をしたことがある方は必見です!

今年こそ花火を綺麗に撮りたい!という方にオススメの撮影時に必要な物やポイントなどを一緒に見ていきましょう!

まず何で撮影するかにもよりますが、スマホでの撮影では綺麗に撮るには限界があるかもです…。

自分の観たままに美しく撮りたい方はカメラとレンズが必須!

一眼レフカメラやミラーレスカメラといった、レンズ交換式のカメラが有利だと思います!

レンズ交換式のカメラは画質が良いのはもちろん、自分の撮りたいイメージに合わせて調節可能!

超広角レンズから望遠レンズまで様々なタイプのレンズが使用できます!

そして、花火の撮影でかかせない持ち物は…

「三脚」「雲台」です!

三脚はしっかりしたものが良いでしょう!

可能であれば自由雲台よりもパーン棒で操作できる3ウェイのタイプがオススメだと思います!

また、三脚を選ぶ時は自分の身体(身長)に合ったものを選んでくださいね!

目線よりもカメラが下にあると、カメラの操作をする時は花火から目を離し操作することになります…。

これではせっかくのチャンスもタイミングも逃してしまいます。

三脚の脚だけで高さを調整できるものを選ぶと良いかもしれません!

さらに「ケーブルレリーズ」というものも必要不可欠!

カメラボディにケーブルでつなぎ、シャッターを切るためのアクセサリーです。

メーカーによっては名称が異なる場合もあります。

上級機種にはタイマーがついてるタイプがありますが、花火の撮影ではシャッターボタンとロック機構のみのシンプルなタイプで十分だと言われています!

ケーブルが長いと使いづらいこともあるようなので、短めのケーブルを選ぶと良いと思います!

参照元記事タイトル:デジカメWatch「今年こそ上手に撮りたい人のための「花火撮影講座」」
参照元URL:https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/1070194.html

隅田川花火大会オススメの楽しみ方!

隅田川花火大会は江戸時代の「両国の花火」が元となっている歴史ある花火大会です。

現在は第一会場・第二会場の2カ所で行われています。

第一会場では「花火コンクール」が開催され、様々な種類の花火を楽しむことができます!

毎年発表される新作花火は見る価値大ありです!!

第二会場では「創作花火」「スターマイン」など約1万発の花火が打ち上げられるので圧巻ですよ!

また、花火大会の前後には周辺で楽しめるスポットが盛りだくさん!

「浅草寺」や「国立西洋美術館」など時間が空いた時にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

参照元記事タイトル:ルトロン「隅田川花火大会の見どころ・人気ビューポイントは?」
参照元URL:https://letronc-m.com/52588

花火大会に関するよくある質問

花火大会とは何ですか?

花火大会とは、一定期間にわたって、大規模な花火を打ち上げるイベントのことです。

花火大会は、夏祭りや祭り、国民的な祝日などの特別な日に開催されることが一般的です。

花火大会の起源は何ですか?

花火は、中国で発明されたとされています。

日本に伝わったのは、奈良時代に遣唐使が中国から持ち帰ったとされています。

江戸時代には、武家や庶民によって花火大会が開かれ、現在のような祭りや夏祭りと結びついた形で発展していきました。

花火大会ではどのような種類の花火が打ち上げられますか?

花火には、球形花火、星形花火、漫画花火、竹筒花火など、様々な種類があります。

球形花火は、最も一般的な形で、大きな音と美しい色が特徴です。

星形花火は、輝きが美しく、様々な形があります。

漫画花火は、アニメや漫画のキャラクターが描かれたもので、竹筒花火は、大きな音が特徴的な花火です。

花火大会はどこで見ることができますか?

花火大会は、公園や河川敷、海岸など、広い空間がある場所で開催されます。

多くの場合、入場は無料ですが、一部の有料席や特別な席も用意されています。

花火大会での服装について教えてください。

花火大会は、夏に開催されることが多いため、軽装で行くことをおすすめします。

動きやすく、汗を吸い取る服装や、虫除けスプレー、虫刺され薬などを持参することが望ましいです。

また、花火大会は暗くなる時間帯に開催されることが多いため、暗闇で見やすいように、明るい色の衣服を選ぶとよいでしょう。

花火大会での飲食について教えてください。

花火大会では、屋台が多数出店しています。

焼きそば、たこ焼き、焼き鳥、かき氷、ジュースなど、様々な食べ物や飲み物が販売されています。

ただし、混雑している場合が多いため、食べ物を買う前に並び時間を確認し、事前にトイレに行くなど、必要な準備をしておくことが重要です。

また、公園や河川敷など自然の場所で開催される花火大会では、ごみの処理が重要な課題となっています。

ごみは持ち帰り、または指定された場所に捨てるなど、きちんと処理するように心がけましょう。

花火大会の観覧場所はどこがおすすめですか?

花火大会の観覧場所は、公園や河川敷、海岸などが一般的です。

しかし、どこも混雑するため、なるべく早く到着し、場所を確保することが大切です。

また、風向きに注意し、花火が上がる方向と逆の風下に位置する場所を選ぶと、花火の煙や火花が目に入ることを避けることができます。

花火大会は何時頃から始まり、何時頃に終わるのですか?

花火大会の開始時間や終了時間は、場所によって異なります。

一般的には、日が暮れた頃から始まり、20分から1時間程度の時間で打ち上げが終わります。

開始時間や終了時間は、事前に公式サイトやチラシ、地元の観光協会などで確認することがおすすめです。

花火大会での駐車場について教えてください。

花火大会の駐車場は、場所によって異なります。

多くの場合、周辺の駐車場が使用されますが、駐車場が限られているため、早めの到着が必要です。

また、近隣住民の迷惑にならないよう、違法駐車をしないように注意しましょう。

花火大会の混雑時にはどのように対処すればよいですか?

花火大会は多くの人が訪れるため、混雑することが予想されます。

混雑時には、予定よりも早めに到着し、場所を確保することが大切です。

また、食べ物や飲み物を買う際には、混雑を避けるため、あらかじめ並ぶ時間や場所を確認することがおすすめです。

花火大会の天候による中止の場合、返金や振替対応はあるのですか?

天候などの理由による花火大会の中止や延期については、主催者によって異なります。

中止や延期が決定した場合については、公式サイトやお知らせなどで事前に情報を確認することがおすすめです。

返金や振替対応については、主催者によって異なりますが、返金や振替などの対応を行っている場合があります。

花火大会の撮影について教えてください。

花火大会の撮影には、三脚やカメラの設定によって、より美しい写真や動画を撮影することができます。

撮影する場合には、周囲に迷惑をかけないよう、撮影禁止区域に入らないように注意しましょう。

また、スマートフォンで撮影する場合には、手ぶれ補正機能や、花火の写真に適したアプリを利用することがおすすめです。

花火大会にはペットを連れていってもよいのでしょうか?

花火大会では、大勢の人が集まるため、ペットを連れていくことはおすすめしません。

また、花火の音や光、人混みなど、ペットがストレスを感じることがあります。

ペットと一緒に楽しむことができるような場所がある場合には、そちらを利用することがおすすめです。

花火大会のマナーについて教えてください。

花火大会では、多くの人が集まるため、マナーを守ることが重要です。

具体的には、ごみは持ち帰り、または指定された場所に捨てること、周りの人に迷惑をかけないよう、大きな声を出さないこと、騒がしくならないように注意すること、花火の場所に近づかないことなどが挙げられます。

また、喫煙や焚き火は禁止されている場合がありますので、事前に確認しましょう。

花火大会に子供を連れて行く場合の注意点はありますか?

花火大会に子供を連れて行く場合は、子供の安全に注意することが大切です。

人混みの中で迷子にならないよう、子供には自分の名前や保護者の名前、電話番号などを覚えさせておくとよいでしょう。

また、花火が怖がる子供には、イヤーマフや耳栓などを持参することがおすすめです。

また、花火の光や音に興奮して走り回ることがあるため、危険な場所に近づかないように注意しましょう。

花火大会の混雑を避けるためにはどうすればよいですか?

花火大会の混雑を避けるためには、できるだけ早めに到着することが大切です。

また、混雑する可能性のある時間帯を避けて、開始前や終了後の時間帯に行くこともおすすめです。

また、周辺に無料の駐車場がある場合は、そちらを利用することで混雑を避けることができます。

花火大会でのアルコール類の持ち込みは可能ですか?

花火大会でのアルコール類の持ち込みは、場所や主催者によって異なります。

多くの場合、アルコール類の持ち込みは禁止されていますが、屋台などで販売されている場合もあります。

事前に公式サイトやお知らせなどで確認することがおすすめです。

花火大会での蚊や虫対策について教えてください。

花火大会では、夏に開催されることが多いため、蚊や虫に刺されることがあるかもしれません。

虫除けスプレーや虫刺され薬などを持参することがおすすめです。

また、肌を露出しない長袖・長ズボンや虫除けグッズなどを使用することも有効です。

まとめ

今日は隅田川花火大会の撮影スポットについてチェックしてきましたが、いかがでしたか?

1年に1回しかない花火のシーズン。

せっかくなら綺麗に写真に残したいものです。

隅田川花火大会なら個人的にはスカイツリーとのツーショットを絶対に狙いたいところです(笑)

写真だけでも迫力さと臨場感が伝わるようなとっておきの1枚をぜひ今年は撮影してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました