普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

県外へ引っ越しをする時のやることリストまとめ!業者の費用や選び方!

県外への引っ越しは移動距離も含めてかなりの大冒険となります。

そこで、今回は県外への引っ越しをするときのやることをリスト化して、紹介していきます。

引っ越し前にやるべき事は何なのか、引っ越し後にやるべき事は何なのかの2つに分けてチェックしていきましょう。

遠いところの物件探しをするためのコツも確認していきます。

スポンサーリンク

県外へ引っ越しをする時のやることリスト!

それでは具体的に県外に引っ越しをするときにやるべき事を、引っ越し前と引っ越し後に分けて紹介します。

県外へ引っ越しをする前にやること!

まずは箇条書きによってまとめていきますので、そちらを見ていきましょう。

・新居を探して契約する
・引っ越し業者を決めて引っ越し予定日を明確にする
・全体スケジュールを決定する
・荷造りをする
・ゴミ処理をする
・転居はがきを用意して発送する
・新居を下見してレイアウトを決める
・旧居の解約手続きを行う
・契約していた駐車場の解約手続きを行う
・新居での駐車場の契約を行う
・転居はがきを作成する
・粗大ゴミを決めて収集依頼を行う
・幼稚園や公立学校の転園及び転校手続きを行う
・インターネットの移転手続きを行う
・固定電話の移転手続きを行う
・衛星テレビやケーブルテレビの契約手続きを行う
・ライフライン関係の手続きを行う
・役所関係の手続きを行う
・郵便局での住所変更手続きを行う
・宅配サービス関係の住所変更手続きを行う
・パソコンのバックアップを行う
・お世話になった人達への挨拶を行う
・冷蔵庫の中身を片付ける
・洗濯機の水抜きをする
・最後のお掃除
・鍵を渡して旧居を明け渡す

基本的に引っ越しは遠くても近くても日本国内ならばやることはそこまで大きく変わりません。

かわってくるのは同市内の引っ越しではなくなることで役所関係の手続きが増えてしまうことです。

具体的には転居届ではなく転出届が必要になりますので覚えておきましょう。

県外へ引っ越しをした後にやること!

次は引っ越し後にやるべきことをまとめます。

・役所で必要な手続きをする
・車関係の必要な手続きを行う
・引っ越し先で新たなご近所との挨拶をする
・荷物の搬入作業及び荷ほどきをする
・ライフラインがしっかり使えるようになっているのかをチェックする
・ガスは立ち会いをしてもらい動かしてもらう
・備え付けられている施設設備がきちんと機能するのか確認する
・インターネット通販サイトの住所変更を行う
・保険関連の住所変更を行う
・スマートフォンの住所変更を行う
・クレジットカードの住所変更を行う
・銀行の住所変更を行う

県外への引っ越しでは役所手続きにおいて転入届が必須になります。

また、各種手続きにおいて住所登録をしているタイプの手続きをしたものは全部住所変更手続きをする必要があるので注意しましょう。

役所の手続きは2週間以内といったルールがあり、自動車家系の手続きは15日以内といったルールがある手続きがありますので早めに行いましょう。

県外へ引っ越しをする時の費用の相場!

引っ越しはその人の荷物の量と距離で値段が大きく変わってきます。

さらに、繁忙期である3月から4月か、それ以外かでも大きく料金が変わってくるので要注意です。

それを踏まえた上で情報を集めていきましょう。

まず、一人暮らしの単身引っ越しであると仮定します。

その時の繁忙期での引っ越しならば5万から7万円程度必要になります。

この値段幅は距離で変わると考えてください。

これが閑散期の引っ越しになると2割から3割程度繁忙期の時期より安くなります。

また、引っ越し料金が一定ラインを超えると一気に上昇してしまうのは、100km以内ならば時間制で料金計算がされるのに、100kmを超えると距離で計算されるようになるからです。

そのため、100kmを超えると費用が一気に増加する傾向にあります。

その傾向が特に強いのがある程度荷物が多くなる2人以上の引っ越しで、単身ならば短距離の3割増しから4割増しが長距離の費用となりますが、2人以上の引っ越しだと短距離の約倍の費用がかかってしまうケースがあるのです。

このように費用の変動幅がとっても大きいので、自分の引っ越し費用がどうなっているのか、その相場を自ら知る動くが必要になります。

それは即ちいくつかの引っ越し業者に見積もりをしてもらう事です。

すると、一体いくらぐらいで引っ越しが出来るのかの相場が見えてくるのでそこから必要なお金を用意するようにしてください。

県外へ引っ越しをする時の業者の選び方!

県外への引っ越しをするときはより業者選びを慎重に行わないといけません。

引っ越し業者を選ぶ方法はいくつかあります。

それは料金・評判・対応・サービス充実度・日程となるでしょう。

第一に上がってくるのは料金です。

これは比較もとっても簡単で気になる業者に見積もり依頼をするだけで見えてきます。

ただし、これがすべてではなく最重要ポイントではありません。

次が最重要ポイントでその業者の評判と実際に見積もりなどを依頼するときの対応の仕方になるでしょう。

ほとんどの人達がここで選びます。

評判はいわゆるネットやSNS上での評判がいいかどうかですが、これだけでは見えてきません。

悪評が書いてあったとしてもその人の担当だけがたまたま外れだったというケースもあります。

なので、こういった集められる情報も参考程度で捉えていきましょう。

やはりポイントは見積もり依頼をしたときの対応の仕方です。

電話をしたときにどんな対応をしてくれたのか、訪問時にどんな態度だったのか、見積もり依頼をした後の返答はどんな態度だったのか、見積もり依頼をしてから見積もりを出してくれるまでのスピードはどうなっているのか、メールの文章はどのようなものなのかなど実際にやりとりをしてみないと見えてこない部分を注視していきます。

これらの情報を自分で見て感じて体感して信用できるかどうか、契約していいかどうかを判断してください。

県外へ引っ越しをする時の物件の探し方!

近距離ならば何度も下見をして理想の物件を探すのですが、遠方となると気軽に下見は行えません。

できても1回や2回程度です。

この1回や2回で理想の物件を見つけるためにも事前の情報収集を徹底的に行う必要があります。

まずは、インターネットなどを使って徹底的に情報収集をして引っ越し先を絞り込みましょう。

ストリートビューなどもありますのでそちらを使うとどんな場所なのかも見えてきますし、今ではネット上でもどんな部屋なのかを動画や画像で見られるようにしているところもあり情報収集はしやすいのです。

あとはどんな物件なのかを現地の不動産会社に連絡してリストアップしてもらいましょう。

また、依頼するときは複数の不動産会社に依頼するとむしろ忙しくなるので、多くの物件を扱っている1社にしぼって依頼しましょう。

ある程度絞り込んだらあとは内覧を申し込んで1日ですべての部屋を見てください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は遠方となる県外の引っ越しにまつわる情報、やることを色々とまとめていきました。

やるべき事は本当に多く、理想の物件を見つけることもかなり大変なので引っ越し業者決めから物件探しまで色々と努力が必要です。

そのため、徹底的にやることをリスト化して理想の物件を見つけ、納得できる引っ越しができるようになりましょう。

また、遠方に引っ越しした後に旧居エリアの役所に戻るのも一苦労なので役所関連の手続きもミスなく行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました