普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

喜寿の意味や由来とは?読み方や風習を教えて!

喜寿のお祝いの仕方はどうしたらいい?プレゼントは何がいい?

皆さんは、喜寿という言葉を聞いたり、見たりしたことはありますか?

こちらの字を見てみると何となく喜んだり、おめでたいことなのかなと思いますよね。

実は、その通りで、喜寿とは長寿をお祝いする意味の言葉です。

長寿のお祝いといえば、還暦という言葉はなじみがある人も多いと思いますが、喜寿は聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、喜寿の意味やお祝いの仕方について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

喜寿の意味や由来は?

喜寿は数え年で77歳を迎える人のことを意味します。

平安後期に日本では争いが終わり、人々の寿命がだんだんと延びてきました。

そして、江戸時代には、喜寿も長寿のお祝いとして庶民に定着したようです。

では、なぜ、77歳なのでしょうか?

何かきりの良い数字というわけでもないですよね。

そもそも、どこが発祥の地かというと、実は、喜寿は日本が発祥なのです。

「喜」という漢字は、草書体で書くと、漢数字の“七”を3つ組み合わせたように見えます。

草書体で“㐂”と書き、まさに、7づくしですね!

そこから、77歳をおめでたい年齢にしようと、かつての日本人が決めたようです。

こんな、由来だったとは面白いですよね。

還暦古希はそれぞれ、中国が発祥だったのですが、喜寿は日本が発祥だというのは意外だったのではないでしょうか。

喜寿の読み方や風習は?

喜寿とは「きじゅ」と読みます。

そして、風習で言えば、紫色のちゃんちゃんこを贈ることとなっています。

ちなみに、喜寿、古希(70歳)、傘寿(80歳)はどの年齢もお祝いのキーカラーが紫色になっています。

紫色というのは、昔から、高僧など特別な立場にいる人のみが身に着ける高貴な色として定着していました。

なので、これら、長寿を迎えた人を敬う気持ちを込めて、紫色のちゃんちゃんこを贈っていました。

しかし、今ではこれら風習にとらわれることなく、お祝いしたい時期に贈りたいものを贈るのが一般的です。

念のため、自分の地域独自の風習がないかも調べておくと良いでしょう。

お祝いの仕方はどうしたらいいの?

まず、喜寿祝いはもともと、数え年で77歳を迎えた人をお祝いするものでした。

しかし、現在では満年齢が一般的になっていますね。

なので、満77歳でお祝いすることも問題ありません。

地域によって、その地区ならではの風習があるかもしれませんので、あわせて確認しておきましょう。

そして、喜寿のお祝いの方法としては、自宅で食事会をする場合が多いようです。

これは、喜寿を迎える人にもよりますが、長時間の外出がつらかったり、自宅がやっぱり一番落ち着くので心から楽しめるという人が多いからではないでしょうか。

もちろん、どこかのお店を予約して外食をするというのもアリです。

この辺りは、本人の希望を確認してどこで行うか決定しましょう。

喜寿を迎える人を囲んで、人生経験豊富なお話にみんなで耳を傾けましょう。

そして、さらなる健康と長寿を願う、素晴らしい会になると良いですね。

プレゼントはどんなものを選べばいい?

喜寿のお祝いにはプレゼントも贈れば、きっと相手も喜んでくれますよね。

しかし、喜寿のお祝いをする場合、どのようなプレゼントを贈れば良いのでしょうか?

少し、迷ってしまいますね。

先ほども書きましたが、一応、紫色のちゃんちゃんこを贈るという風習はあります。

ですが、今では、ちゃんちゃんこにこだわる必要はなく、本人の欲しいものや実用的なものを贈ると良いでしょう。

そもそも、ちゃんちゃんこは防寒のために贈られていたものです。

なぜ、防寒かというと、昔は正月にみんなが1歳年をとる数え年が一般的でした。

そのため、喜寿などの長寿のお祝いは正月に行われていました。

なので、防寒のためのちゃんちゃんこが贈られていたのです。

現在では、満年齢が一般的であり、お祝いも正月に限らずに行いますよね。

なので、ちゃんちゃんこにこだわらず、本当に本人の必要なものをあげるのが一番です。

メッセージはどんな言葉を贈る?

喜寿を迎えた人たちに、「お祝いの言葉を贈りたい」と思ったあなた。

でも、どんな言葉を贈ったらよいのかと迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

喜寿を迎えた人というのは、仕事は引退していて、子供や人によっては孫もいますよね。

やはり、孫からの言葉など、特に若い世代からの言葉はとてもうれしいようです。

メッセージの内容としては、「これまでの感謝を伝える」、「エピソードをまじえ、これまでの功績をたたえる」、「健康への気遣いを伝える」などです。

職場の上司でも、家族でも若い人からの感謝の言葉はうれしいようです。

臆せず、若い人も感謝の気持ちを伝えましょう。

私の父も幸いに孫の顔を見てもらえているのですが、やはり、孫からの絵や手紙などはうれしいようです。

孫から似顔絵付きで手紙を贈ることができたらとても喜ぶこと間違いなしですよ!

まとめ

喜寿とは、日本発祥の長寿のお祝いで、漢字から生まれたなんて驚きですよね。

「喜」の草書体を見て、改めて「七づくし」だなと思いますね。

77歳となれば、体調のこともあると思いますので、何より、喜寿を迎える人のことを第一に考えて、お祝いの計画を立ててみてください。

そして、可能ならば、孫や若い世代の人からたくさんの言葉を贈ってください。

この機会に、普段聞いていなかった、若い時の話などを存分に聞くのも良いですよ。

今までにない新たな発見ができます!

喜寿祝いをみんなで楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました