普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

家族がいる人向け!引っ越し前後と当日のやることリスト!

家族がいる方はそれだけ引っ越しで必要になる手続きや作業が多くなってしまいます。

そのため、今回は家族がいる人向けに引っ越し前にやるべき事と引っ越し前日や当日、引っ越し後にやるべき事を見ていきましょう。

本当にやることが多いので、順番にこなしていくためにも自分がやる必要があることを認識して挑んでください。

引っ越し準備はいつからするのかなども考えて行きましょう。

スポンサーリンク

家族がいる人向け!引っ越し前のやることリスト!

家族がいる方で引っ越し前に色々とやるべき事をまとめていきましょう。

ここでは引っ越しを決意したらすぐに行動すべき事と、日一顧し予定日から1ヶ月程度前からやるべき事、引っ越し予定日より2週間前からやるべき事に分けて紹介します。

引っ越しが決まったら時期にかかわらずやるべきこと

・具体的な新居を決める
・引っ越しで発生する荷物がどれくらいになるのか、何を捨てて何を持っていくのかをある程度決めておく
・引っ越し会社を選ぶ
・引っ越し予定日を決める
・賃貸物件の解約手続きを行う
・駐車場の解約手続きを始める
・学校の転校手続きを行い、転入試験があるのなら勉強もスタートする

引っ越し予定日より1ヶ月程度前にやるべきこと

・携帯電話の住所変更を行う
・引っ越し業者がすでに決まっているのなら、段ボールを用意してもらう
・インターネット回線工事が必要なら手続きをしてプロバイダー変更連絡もしておく
・火災保険や地震保険の手続きをする
・引っ越しにレンタカーが必要なら、手配しておく
・新居のレイアウトを具体的に考えておく
・粗大ゴミの処理を行う

引っ越し予定日より2週間前からやるべきこと

・あまり使わない物を段ボールに入れるなど荷造りを開始する
・固定電話の契約変更手続きをする
・電気ガス水道のライフラインの停止手続きと新規契約手続きを行う
・役所で行う転居届やマイナンバーカードの住所変更や印鑑登録など、役所で出来る事柄をこなす
・郵便局の住所変更手続きを行う
・原付の廃車手続きを行う
・新聞の住所変更を行う
・レンタルしている物があれば返却手続きを行う
・引っ越し先の下見を行い荷物の搬入がどうなるのかなどをチェックしておく
・新しいご近所の挨拶のためのお土産を用意しておく
・冷蔵庫の中身を処分していく
・クレジットカードの住所変更をする
・解約しない生命保険などの保険の住所変更をする
・NHKの解約及び新規契約をする
・株券や債券の住所変更をする
・新聞の解約手続きをする

このようにタイミングで区切ったとしてもやるべきことは多いです。

特に、役所ではやることが家族連れだとやることが多くなるので気をつけましょう。

児童手当の手続きや学校に関する転園手続きなど自分たちがやるべき事が何かを確認しつつ動いてください。

家族がいる人向け!引っ越し前日のやることリスト!

引っ越し前日にやるべき事をまとめます。

引っ越し前日にやるべき事

・ご近所に挨拶する、子供達は近隣に友達がいるのなら最後の挨拶をしておこう
・冷蔵庫の水抜きをする
・洗濯機の水抜きをする
・一番大切な貴重品の運搬準備をする
・よく使う物の荷造りをする
・ある程度の現金を支払いできるようにしておくための準備する

前日オンリーに限定したらそこまでやることはありません。

ただし、前日になるまえにやるべき事をやっていないとこのタイミングで慌ただしくなるので注意しましょう。

家族がいる人向け!引っ越し当日のやることリスト!

次は引っ越し当日にやることリストをまとめます。

これもかなり多いので注意してください。

引っ越し前に行うこと

・残っている物を処分する
・最終荷物を梱包する
・引っ越し業者に指示をする
・ブレーカーを落とし元栓が閉じているかチェックする
・掃除をする
・忘れ物がないか確認する
・鍵を閉めて返却し、明け渡しを行う

引っ越し後に行うこと

・新居の鍵を受け取る
・バルサンを炊く
・引っ越し業者の荷物を受け入れる
・自分で持ってきた荷物は別途開ける
・電気のブレーカーをあげる
・ガス栓を開ける立ち会いをする
・水が出るか確認する
・近所に挨拶する
・荷物整理をする

ライフラインの確認をしてきちんと生活できるかどうかを判断してください。

特に、ガスは立ち会いが必要なので要注意です。

家族がいる人向け!引っ越し後のやることリスト!

次は引っ越し後にやるべき事をまとめていきます。

引っ越し後にやること

・転居先の役所での手続きをする、児童手当などがある人はそちらの手続きもすること
・転校に関する手続き
・自動車の登録変更
・運転免許証の記載変更手続き
・車庫証明変更
・クレジットカードや保険などの住所変更手続き
・ネット通販サイトで登録している住所変更手続き
・銀行口座の住所変更手続き
・勤め先での登録住所変更
・バイクや自動車の住所変更手続き
・はがきで電気と水道を利用開始したことを連絡する
・インターネットを開通する
・パスポートの住所を変更する
・ネット通販サイトを利用している方はそちらで登録している住所を変更する

特に、役所での手続きはやることがとても多いので注意してください。

公立の学校での転校は役所で手続きできるケースがほとんどですが、私立だと学校事の対応になる事が基本なので注意しましょう。

転校前にどうなっているのか親の方で確認しておく必要があります。

必要な手続きをしっかり確認しておこう!

引っ越しにまつわる手続きはとても多いので、リスト化して順番につぶしておく必要があります。

特に役所での手続きは多くなりやすいので、どんな手続きをするのかを明確にしてから手続きをしましょう。

家族がいるという方は児童手当を受けている人が多いですし、転園手続きや転校手続きが役所で必要になることもありますので親の方できちんと対応しておきましょう。

個々を怠って転校や転園がうまくいかないと子供にとってもよろしくない状況になるので要注意です。

引っ越しの準備はいつからする?

引っ越しの準備をするのは引っ越しをすることを明確にした日からです。

その日から、どんな業者を選ぶのか、どこに引っ越しをするのかを真剣に考えるようになりますがここで躓くと引っ越しができません。

そして引っ越しをすることがはっきりとしたら、すぐにでもどこに依頼するのかを考えて見積もりを依頼し荷物がどれくらいになるのか、いる物といらない物は何なのかの区分けもスタートしましょう。

繁忙期に重なると、予約がなかなか取れないことも多いので先に先に動くことが大切なのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は家族がいる方向けの内容で引っ越しで必要な事柄をまとめました。

これが一人暮らしの方なら、役所での手続きが少なくなりますが、家族となると児童手当の手続きや転校や転園に関する手続きが必要になるので親の方々がやるべき事は色々と増えるのです。

また、小さいお子さんがいる時にマンションに引っ越しをするのなら、近隣住民に小さい子供がいるためうるさくする可能性があることを説明しておくこともトラブル防止として役立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました