普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

古希祝いの意味や由来は?マナーや祝い方を教えて!

古希祝いのプレゼントの金額相場は?

皆さんは古希祝いという言葉を聞いたことはありますか?

60歳になったときにお祝いする還暦祝いは聞いたことあるけれど、あまり古希祝いは聞いたことないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、古希祝いの意味などから、そのお祝いの仕方やマナーなどについて説明したいと思います。

皆さんも、古希祝いについて理解を深めて良いお祝いができるといいですね。

スポンサーリンク

古希祝いの意味や由来

古希は「こき」と読みます。

昔は古稀と書きました。

これは、還暦などと同じように長寿を意味する言葉です。

この古稀は中国唐時代に読まれた詩が由来になっています。

中国時代にいた詩人・杜甫(とほ)という人が詠んだ“曲江(きょっこう)”という漢詩の「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」という一節が由来となっています。

意味は、「酒代のツケはどこに行ってもあるが、古来より70歳まで生きる人はめったにいない」というものです。

この最後の部分、「古来稀なり」が古稀となったのです。

つまり、古希とはもともとは古稀と書き、「70歳まで生きることは非常に稀(まれ)である」という意味です。

その長寿をお祝いするのが古稀祝いです。

この古稀の“稀”という字が常用漢字ではないので、 現在では“希”に変わっています。

他にも、変わった理由として「70歳まで生きることが稀でなくなったから」、「これからの人生を生きていくときに希望を持てるように」などの説があります。

古希祝いのマナー

昔は70歳まで生きることは、稀(まれ)であったかもしれません。

しかし、現在では、まだまだ70歳でも元気な人は多いです。

なので、年寄扱いされることを嫌う人もいると思います。

古希祝いは健康長寿を願うものでありますが、相手のことを第一に考え、相手に合ったお祝いの方法を考えましょう。

なので、プレゼントなどについても、昔からの慣習で紫色のちゃんちゃんこを贈ったりすることがありますが、このようなにとらわれないほうが良いでしょう。

本人に合ったものやよく使うものなどを選んでプレゼントすれば、きっと喜んでくれるはずです。

祝い方はどうしたらいいの?

古希のお祝いの際は、場合によっては、還暦祝いの時よりも少し控えめに行う方が良いでしょう。

還暦の際は、現在では長寿というよりも第2の人生のスタートという位置づけも強いので、みんな揃って大勢でお祝いすることも少なくありません。

しかし、古希となると、70歳ですので、還暦の時よりは確実に体力は落ちています。なので、場合によっては、還暦のように盛大に祝うのではなく、内々でお祝いするのも良いと思います。

もちろん、まだまだ元気で、本人もみんなで集まることに前向きならば、盛大にやるのもいいとでしょう。

しかし、古希を迎える人の体調などを第一に考え、お祝いの方法を考えましょう。

お祝いのプレゼントの金額の相場は?

古希祝いのプレゼントを渡したいと考えたときに、金額の相場はどの程度なのでしょうか?

あまり、高価すぎるものをあげてしまったり、逆に安いものをあげて相手に失礼になるのは避けたいですよね。

金額の相場としては、祖父母の場合は10,000円~30,000円親戚の場合は5,000円~20,000円その他知り合いなどは5,000円~10,000円となっています。

ただし、あくまで相場で、この金額という決まりがあるわけではありません。

大切なことは、プレゼントを贈る方の気持ちです。

相場より安いからダメで、高い方がより良いかといえば、そんなことはありません。

贈る方の気持ちが一番大切です。

さらに、付け加えて言えば、先ほども書きましたが、慣習などにとらわれず、相手が使ってくれたり、喜んでくれるようなプレゼントを選ぶことが大切です。

金額よりも先に相手に何がプレゼントとしてふさわしいか、リサーチに力を入れましょう。

家族や親戚にお祝いする時はどうしたらいい?

家族や親戚に古希祝いをするときには、やはり、古希を迎える人が元気であるならば、みんなでお祝いしてあげたいところですね。

しかし、体調の面を考えて、無理をしすぎないことも大切です。

祖父母などの家族の古希祝いであるならば、家族だけでお祝いをするのもありだと思います。

家族で1部屋を貸し切って、食事会をしたり、旅行に行ったりなど色々と考えられます。

また、遠出が大変ということであれば、家で仕出し弁当などを頼んでお祝いするのもいいのではないでしょうか。

逆に、親戚の古希祝いの際には、相手の家族と一緒にお祝いに参加しても良いのか確認しておきましょう。

場合によっては、親戚の家族のみで古希祝いをするということも考えられます。

その際には、プレゼントにメッセージカードを添えて送るなどして、お祝いの気持ちを伝えておくと良いでしょう。

まとめ

以上、古希祝いの由来や意味、プレゼントの相場などについて説明しました。

プレゼントに大体の相場はありますが、やはり1番大切なのは贈る人の気持ちです。

加えて、相手が何を欲しいかということをリサーチしてプレゼントを贈りましょう。

また、家族のみでお祝いするか、親族みんなでお祝いするかも、古希を迎える人の体調などを考えて検討しましょう。

みんなに無理なく、ベストな古希祝いができると良いですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました