普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

古希の意味や由来?祝い方はどうしたらいい?

古希はいつ祝うの?プレゼントはなにがいい?

皆さんは、古希って聞いたことありますか?これは、還暦と同じように長寿を意味する言葉です。

古希という言葉は還暦よりもあまりなじみがない言葉なのではないでしょうか。

そこで、古希の由来や意味そして、そのお祝いの仕方などについて、説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

古希の意味や由来

古希は「こき」と読み、昔は古稀と書きました。

これは、還暦などと同じように長寿を意味する言葉です。

その由来は、中国唐時代に読まれた詩がもととなっています。

中国時代にいた詩人・杜甫(とほ)という人が詠んだ“曲江(きょっこう)”という漢詩には次のような一節があります。

「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」

この意味は、「酒代のツケはどこに行ってもあるが、古来より70歳まで生きる人はめったにいない」というものです。

この最後の部分、「古来稀なり」が古稀となったのです。

つまり、古希とはもともとは古稀と書き、「70歳まで生きることは非常に稀(まれ)である」という意味です。

この古稀の“稀”という字が “希”に変わった理由はいくつか説があります。

「稀が常用漢字でないため、希になったというもの」や「70歳まで生きることが稀でなくなったから」、「これからの人生を生きていくときに希望を持てるように」などの理由が考えられています。

古希の祝い方はどうしたらいい

古希のお祝いの際は、還暦祝いの時よりも少し控えめに行う方が良いでしょう。

還暦は現在では長寿というよりも第2の人生のスタートという位置づけも強いので、みんな揃って、大勢でお祝いすることも少なくありません。

しかし、古希となると、70歳ですので人によっては、大勢で集まったりすることが体に響く可能性があります。

なので、内々のお祝いで家族そろって行う方が良いのではないでしょうか。

相手の体調などを第一に考え、お祝いの方法を考えましょう。

古希はいつ祝うの?

では、古希のお祝いはいつするのでしょうか?

70歳の時にお祝いするということはわかりましたが、数え年で70歳なのか、満年齢で70歳なのかで時期が1年ずれてしまいます。

これについては、近年では数え年や満年齢にこだわる必要はないのですが、どちらかというと、満70歳でお祝いをすることが多いようです。

また、日取りについても特別に決まってはいません。

70歳の誕生日にお祝いをすることもあれば、別の家族の集まりやすい日程で開催することもあります。

家族や親戚、古希を迎える人たちと相談して、集まりやすい日にお祝いを計画すると良いでしょう。

古希祝いのプレゼントはどんな物がいい?

古希祝いのプレゼントはどんなものがいいのでしょうか。

最近では特に決まりはなく、相手の喜ぶものを贈るのが良いでしょう。

ちなみに、還暦では、赤色がキーカラーになっていましたが、古希では、紫色がキーカラーとなっています。

紫色は昔から最上の地位を表す色として使われてきており、品位を感じさせる色であるイメージがあります。

なので、紫色などを取り入れたプレゼントを贈るのも良いでしょう。

紫色にこだわらないところで言えば、食事会や旅行などが人気のようです。

古希を迎える人の無理のない予定で計画を立ててみましょう。

他にも、生まれたときの新聞付きの日本酒ギフトなどもあるようです。

生まれた年の新聞をみんなで読みながら、日本酒を飲めば、思い出話に花が咲くことでしょう。

また、紫色に関する花を贈るというのも良いのではないでしょうか。

色々と相手のことを考えて、素敵なプレゼントを用意しましょう!

おすすめの花は?

古希のお祝いのプレゼントにお花を贈ろうと思った人もいるのではないでしょうか。

特に女性には人気のプレゼントのようです。

では、どんな花を贈るのが良いのでしょうか。

どんな花束でも美しいことには変わりはないですが、どうせならば、古希のキーカラー「紫色」の花を選んでみるのはいかがでしょうか。

特におススメなのは、紫色のバラの花束です。

紫色のバラ自体珍しいので、とても喜ばれますよ。

また、より長い間、贈った花を楽しんでもらいたい場合には、ブリザードフラワーにするのもおススメです。

そして、最後に、日ごろの感謝の気持ちを込めて、メッセージカードを花束に添えて渡すのが良いでしょう。

なかなか、普段は言えないことも、特別な日にメッセージとして贈りましょう。

きっと、相手も喜んでくれますよ。

皆さんも、最高の花束を考えて、相手に贈ってみてください!

まとめ

以上、古希について由来や意味、お祝いの仕方などについて説明しました。

還暦と違い、古希では少し、平均寿命に近づいてきています。

相手の体調面などを考えて、体に負担のかからない範囲で、旅行や食事会に出かけたりなど、検討してみてください。

もちろん、遠出するのが大変という場合には、自宅でみんなでお祝いをするというのもありだと思います。

相手を第一に考え、良いお祝いができると良いですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました