普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

電子レンジの受け皿を綺麗に掃除する方法と掃除頻度について!

電子レンジ掃除にはちょっと気になるパーツの掃除をしたい時もあるでしょう。

そこで、今回は電子レンジにおける受け皿(ターンテーブル)を綺麗に掃除する方法についてまとめていきます。

そもそも、電子レンジの掃除頻度はどれぐらいがいいのか、掃除を簡単にするにはどういったお掃除グッズを揃えるといいのか、おすすめするプロの掃除業者はどういったところなのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

電子レンジの受け皿を綺麗に掃除する方法と掃除頻度!

電子レンジの受け皿を綺麗に洗う方法はいくつかありますが、ここでは重曹水につけて洗うというやり方を推奨します。

準備するもの

・重曹
・ゴム手袋
・スポンジ
・雑巾
・メラミンスポンジ
・バケツや桶

やり方

今回紹介するやり方は、受け皿を取り外ししてから重曹でつけ置きするというやり方です。

かなり簡単な方法ですが、しつこい汚れもスッキリと落とせますので是非試してみてください。

電子レンジの受け皿を掃除する方法

①アルミ製以外の鍋に水1Lと重曹70gの割合で投入する
②そのまま鍋を沸騰させる
③沸騰してそのまま10分ほど煮る
④沸騰した重曹水をターンテーブルがそのまま入る桶やバケツなどに移し替える
⑤ゴム手袋を着用してターンテーブルを壊さないように注意しながら取り外す
⑥取り外したターンテーブルを沸騰させた重曹水に投入する
⑦15分程度放置する
⑧火傷に注意しながらターンテーブルを取り出す
⑨スポンジを使って擦り洗いする、汚れがひどい箇所はメラミンスポンジで擦り洗いする
⑩濡らした雑巾で水拭きする
⑪乾いた雑巾で乾拭きして水気を飛ばす

注意点

・用意する重曹水の量はバケツや桶に入れて使うことになるので、水はそれなりの量がいるので要注意
・重曹水からターンテーブルを取り出すときに熱いと火傷する恐れがあるので、先に水を入れて冷やすのもあり、ただし急激に冷やすとターンテーブルに温度差によるダメージを与える恐れがあるので要注意
・ターンテーブルの取り外しの方法はメーカーや機種事に異なるケースがあるので、外す前に説明書で確認しておくこと
・ターンテーブルを無理矢理外すと壊れる危険性があるので要注意
・ターンテーブル用の洗剤も存在しているので、そこまで汚れがひどくないのなら取り外してその洗剤を使うだけでも綺麗になる
・タワシなどで無理矢理擦り洗いすると傷が付いてしまうのでやってはいけない
・重曹水は沸騰させることでアルカリ性の性質を強くすることができる、しかしそれだけ触ったときの影響なども強くなるのでゴム手袋着用は必須となる

電子レンジの掃除頻度はどのくらい?

電子レンジそのものの掃除頻度はどれだけ電子レンジを使っているのかで大きく変わってくるのでなんとも言えません。

電子レンジを頻繁に使う方は食品カスなどの飛び散りに寄って庫内が汚れるスピードもかなり速くなるので、1週間に1回程度は重曹やクエン酸などを使って電子レンジ内部の掃除をした方がいいでしょう。

逆に、たまにしか電子レンジを使わないという人はそこまで高頻度で掃除する必要はありません。

1ヶ月に1回程度でも十分でしょう。

ただし、外側は使用頻度に関わらず汚れていきますので、アルカリ電解水とマイクロファイバークロスなどを用いて丁寧に拭き掃除をしてあげてください。

また、この電子レンジ掃除はどれだけの頻度で行っているのかアンケートを採っているサイトもあるので、そちらを見ることも可能です。

しかし、その結果も見事にバラバラで1週間に1回程度という人もいれば毎日している人もいましたし、月に2回や3回がいいとい意見もありみんながみんな意見が別れていることを再認識してしまう状態です。

やはり使用頻度によって状況が大きく変わってくるタイプの掃除頻度は他の人を目安にするのは止めた方がいいでしょう。

また、掃除をするかどうかの目安として嫌な臭いがちょっとでも籠もっているのなら掃除するとか、目に見える食品カスや油の汚れがあるのなら掃除するようにするといいと思います。

これも筆者の個人的な感想ですが、嫌な臭いが籠もっているとその臭いが食品に移ってしまい風味を大きく損ねて食欲が減衰してしまうので非常に気になるのです。

そういった臭いが発生する時点で汚れているサインだと判断して重曹やクエン酸を使って洗うようにしています。

コーヒーの出し殻などを使って臭いを消すというやり方もありますが、臭い消しよりも臭いの元を絶つことが大切だと思っています。

掃除をサボっていると大変なことに?

電子レンジの掃除をサボると火事になる危険性があります。

これはこちらの『事故増加中 電子レンジの誤使用【Nスタ545】』という動画を見てもらうとわかるでしょう。

動画の4分30秒当たりから解説しています。

このように汚れを放置しすぎると、蓄積された結果炭化して煤になってしまい発火するところを動画にしているのです。

出火してしまうと大きなトラブルに繋がってしまいますので、ここまで放置するのは絶対に止めてください。

このような大きなトラブルが発生しなくても、嫌な臭いが籠もるようになったりカビや細菌が大量発生するといったトラブルが発生するのでやはり放置はダメです。

こういったカビや細菌を口に含んでいると考えるだけでも恐ろしいので、そうなる前に丁寧に洗うことを選択肢に入れておきましょう。

掃除を簡単にするオススメグッズ!

電子レンジ掃除向けの掃除道具も存在します。

たとえば『チン! してふくだけ 電子レンジ専用お掃除シート 』とか『レック 激落ちシート 電子レンジ ・ 冷蔵庫用』などの商品は電子レンジの汚れ対策として発売されている掃除用具です。

これ以外にも100円ショップで売っている『電子レンジお掃除スポンジ』も役立つでしょう。

このように電子レンジ周りの掃除道具は以外と種類が豊富にありますので、その中から気に入ったものを使うといいでしょう。

個人的にはこういった道具に頼るよりもクエン酸や重曹を使って温めてから蒸すというシンプルなやり方をおすすめしたいところです。

オススメのプロの掃除業者は?

掃除業者として選ぶなら基本的には『おそうじ本舗』『ダスキン』『カジタク』『おそうじ革命』などの大手業者から個人業者に頼むことが一般的です。

これらのお掃除業者でキッチン掃除を依頼すると、オプションで電子レンジの掃除などを選ぶことができるようになっています。

また、こちらの『家電のプロのおそうじ・点検サービス(ご自宅まで訪問)|家電トータルサポート|サービス|エディオンメンバーズサイトエディオンメンバーズサイト』といった家電を扱う企業では、メンテナンス以外に清掃や点検まで請け負っているケースもあるのです。

こちらは掃除業者とは違い家電を扱う人達なので、基盤や送風ファンなど通常の掃除業者では手が出しにくい部分も対応してくれるので、故障の可能性がある方はこちらに見てもらった方がいいかもしれません。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は電子レンジの受け皿(ターンテーブル)を掃除する方法についてまとめました。

ターンテーブルは取り外しが可能となっているので、取り外して綺麗に洗うことができます。

今回は沸騰した重曹水を使って洗っていますが、それ以外にも丸洗いする方法は色々とありますのでその中から気に入ったやり方を選ぶといいでしょう。

個人的には洗剤をあまり使いたくなかったのでひときわ強力な沸騰した重曹水を使ったやり方を紹介させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました