普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

還暦の意味や由来は?赤いちゃんちゃんこを着るのはなぜ?

還暦は何歳から?還暦祝いはどうする?おすすめのプレゼントは?

よく親戚や家族と話していると「おじさんはそろそろ還暦だね」とか、「おばさんはいつ還暦を迎えたんだっけ」とか”還暦”というワードがたまに出てきませんか?

還暦とはなんとなく、おめでたいことだということは伝わってくると思います。

それに「暦」という字が入っているので、年齢に関することなのかなということに気づく人もいるかもしれません。

でも、「還暦とはどういう意味なのか」、「還暦の由来は何なのか」、「何歳の人を還暦というのか」など、よくよく考えてみると、正確には分からないという人が多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「還暦」について調べてみました。

還暦について正しく知って、心からお祝いができると良いですよね。

スポンサーリンク

還暦の意味や由来


〔古文・基礎知識〕 十干十二支(時間) -オンライン無料塾「ターンナップ」-

還暦は「かんれき」と読みます。

これは、干支が一巡して元に戻ってくるという意味で、暦が還るということに由来しています。

干支が一巡して元に戻ってくるとはどういうことかをもう少し詳しく説明します。

干支というと、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」という十二支(じゅうにし)を思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし、この十二支と合わせて、暦や時間などを表す「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」という十干(じっかん)も使われます。

この十干と十二支を合わせて正式には干支と呼びます。

例えば、未(ひつじ)でも1931年生まれは、辛羊(かのとひつじ)となります。

この十干十二支の組み合わせは全部で60通りあって、60年で干支が一回りするのです。

このように、60年で干支が一回りし、生まれた時の暦に還ることを還暦というのです。

還暦という考え方はもともとは中国で生まれた言葉です。

歴史好きな人で、三国志などの本や漫画を読んだことがある人ならば、時間や方角に干支が使われているのを見たことがあるのではないでしょうか。

例えば、17時~19時の間のことを酉の刻と呼んだりしますね。

それが日本に伝わり、お祝いをするという習慣が始まったのは、奈良時代といわれています。

この時から、還暦を迎えた人は長寿ということでお祝いが行われるようになったようです。

赤いちゃんちゃんこを着るのはなぜ?

還暦のお祝いの時といえば、赤いちゃんちゃんこを贈ったり、着る習慣があります。

でも、赤いちゃんちゃんこを還暦の人が着るのはどういう意味を持つのでしょうか。

これには、3つ意味があります。

1つ目は語呂合わせです。

還暦が一回りして赤ちゃんに還るということもあり、”赤ちゃん”という語呂から来ています。

2つ目は赤色が魔除けの効果があるといわれているからです。

赤ちゃんが生まれて数日後にくるまれる麻素材の着物のことを産着(うぶぎ)といいますが、昔は魔除けの意味を込めて、産着に赤色が使われていました。

小さい子供を赤ちゃんや赤ん坊と呼んだりするなど、赤を連想させるものが多いですよね。

ちなみに、赤ちゃんなどと呼ぶのは、生まれたての時の肌が、赤色に見えるためなんですよ。ご存じでしたか?

3つ目は防寒の為です。

なぜ防寒着なのかというと、日本はもともと全員が正月に年齢が1歳増える「数え年」が一般的でした。

なので、還暦のお祝いも正月に行われていたのです。

その為、防寒用に赤いちゃんちゃんこをプレゼントしていたのです。

以上3点が、赤いちゃんちゃんこを着る理由です。

現在では、数え年ではなく、満年齢が一般的なので、還暦祝いが正月以外になることもあります。

しかし、赤いちゃんちゃんこを着るという習慣だけは残っていて、還暦のお祝いの際に、今でも赤いちゃんちゃんこ着ているというわけです。

何歳から還暦なの?

還暦というのは、生まれてから60年で干支が一回りし、生まれた時の暦に還ることだと説明しましたね。

ということは、還暦を迎えた人は60歳なのでしょうか。

実は本来の意味では数え年で61歳の正月にお祝いをしていました。

しかし、現在では満年齢が一般的になっているので、60歳でのお祝いが正しいといえるでしょう。

先ほども説明しましたように、もともとは数え年が日本では一般的でした。

この数え年の場合は生まれた年を1歳と数えます。

そして、正月を迎えると1歳年齢が増えます。

そうすると、還暦を迎えた時には61歳になります。

しかし、現在一般的な満年齢は生まれた時を0歳とし、誕生日を迎えるたびに1歳年齢が増えます。

すると、満年齢でいえば、還暦を迎えた時には60歳になるのです。

大切なことは生まれた干支に戻る年にお祝いをすることです。

満年齢が一般的になった今は60歳の誕生日でも良いですし、退職祝いの時でも良いでしょう。

還暦を迎える年の中で、みんなが集まれるときに、長寿を喜びながら、みんなでお祝いができると良いですね。

還暦の祝い方はどうしたらいい?

では、還暦をお祝いするときはどうしたらよいのでしょうか?

何か決まりはあったりするのでしょうか?

実は、還暦のお祝いの仕方は、「こうしなければいけない」というものはありません。

何月何日にやるのか? 誰を呼ぶのか? 何を食べるのか?

すべて自由です。

もちろん、赤いちゃんちゃんこや赤い頭巾を着るかどうかも自由です!

現在では、昔と比べて還暦の意味も違ってきています。

昔だと、満60歳というのはとても長寿でした。

しかし、今は平均年齢が80歳を超えています。

60歳を超えても会社で働き続ける人もいます。

現在の60歳はまさに、第2の人生のスタートとも言えるのではないでしょうか。

そう考えると、還暦を迎える人の第2の人生をみんなで祝福するということを第一に考えてみて、お祝いを考えてみてはどうでしょうか?

還暦祝いのプレゼントは何がいい?

では、還暦を迎える人へのプレゼントって、何にしたら良いのでしょうか?

昔ならば、赤いちゃんちゃんこを贈っていましたよね。

現在は、贈るものもやはり、特に決まりがあるわけではありません。

純粋に、還暦を迎える人の好きなことをみんなでしてあげてみては、どうでしょうか。

迎える人の都合を聞いて、旅行をプレゼントするのもいいでしょうし、好きなものを家族で食べに出かけるのもいいのではないでしょうか。

また、家族は、今まで育ててくれたことへの感謝の気持ちを伝えるにも良い機会となります。

普段は、中々、伝えられないようなことをメッセージギフトとして贈るのもおススメです。

ふとした時に見直すことで、きっと生きる喜びにもなるのではないでしょうか。

ちなみに、私の父が還暦を迎えたときは、ちょっとリッチな万年筆と革のロールペンケースをプレゼントしました。

もともと、父は文房具などが好きで、メモとったり日記を書くのに使ってくれているようです。

皆さんも、還暦を迎える人のことを第一に考え、プレゼントを考えてみましょう。

迎える人に直接聞いたり、一緒に何をするか考えるのも全然アリだと思いますよ!

まとめ

以上、還暦の意味や由来、お祝いの方法などについて説明してきました。

現在では、数え年ではなく、満年齢が一般的になったことにより、お祝いするタイミングも正月以外に、誕生日や退職祝いの時など幅広くなりました。

お祝いの方法やプレゼントも特に決まりはありません。

還暦を迎える人のことを、皆さんの思う一番良い形でお祝いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました