普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

浜松祭りの屋台の台数や種類を教えて!どんな楽しみ方がある?

浜松祭りの例年の混雑状況は?

テレビで何度も放映され、注目度が増している「浜松祭り」。

最近では浜松市民のみならず、全国、海外からのお客さんも急増しているほどの人気のお祭りです!

「大凧揚げ」や「御殿屋台」など見どころがたくさんです!

今日は浜松祭りで出店されている屋台の台数についても詳しく見ていきたいと思います!

とにかく様々なイベントで目白押しな3日間なので、気になる方は今から情報を要チェックですよ!

知れば知るほど行きたくなる「浜松祭り」の魅力をたっぷりご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

浜松祭りの屋台の台数は?

浜松祭りは、静岡を代表するお祭りと言っても過言ではありません!

例年の来場数も約170万人近い人出が発生しているほど!

とにかく大盛り上がりのお祭りなのですが…

ここで気になるのが、そう!屋台!(笑)

お祭りと言ったら、やっぱり屋台がないと始まりません!

ちなみに浜松祭りでの屋台の台数は約50軒近くあります。

ただし、毎年決まった台数ではないので、その年によって屋台の数は前後すると思います!

また、浜松祭りの会場以外にも、浜松駅近くでは「世界の屋台」と呼ばれるイベントも開催されています!

こちらのイベントも毎年大賑わいなので、屋台ファンの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

私の地元のお祭りの屋台とは比べ物にならないくらいの台数…。

こんなにたくさん屋台があったらどのお店に並んだらいいのか、それだけで1時間くらい悩んじゃいそう~(笑)

参照元記事タイトル:日本全国のお祭り、花火大会、花見スポットを解説するブログ「浜松まつり2019の屋台出店露店情報!場所や営業時間、おすすめ食べ物」
参照元URL:https://matsuri-festival.com/matsuri/hamamatsu-store/

浜松祭りの屋台の種類は?

お祭りにはかかせないのが「屋台」での食べ歩き。

浜松祭りにも数多くの屋台があるんです!

食べ歩きしながらお祭りに参加するのも醍醐味の一つ。

ここでは、浜松祭りの屋台で売っている美味しい食べ物やおすすめグルメ、珍しい食事などをピックアップしてご紹介していきます!

チョコバナナ

子どもから大人まで人気のある屋台の定番グルメです!

最近では人気アニメや漫画のキャラクター仕様になったチョコバナナも存在しているのだとか!

今流行りの「鬼滅の刃」なんかもあるかも…!?

片手で食べ歩きもできるので、イベントを見ながら食べられるのも人気の理由の一つかもしれませんね!

りんご飴

これまた人気の定番グルメですよね~!

意外にこれ好きな男子って多い気がします…(笑)

子どもでも食べられるサイズなので人気があります!

食後のデザートとしてシェアしながら食べるのもGOODですよ!

トルネードポテト

近年、見かけるようになってきたトルネードポテトとかいうもの。

我が町のお祭りにも進出してきております(笑)

トルネードというだけあってぐるぐる巻かれた迫力満点さ!

普通のポテトに人気は劣らず!美味しくて病みつき注意です!

インドカレー

「世界の屋台」で見かける食べ物で定番が“インドカレー”です!

本格インドカレーはお店で食べられるけれど、お祭りの屋台で食べるからこその美味しさがあります!

足を運んだ際にはぜひ食べてもらいたい一品です!

シュハスコ

一見、何?という方も多いのではないでしょうか?

「シュハスコ」とはブラジル料理の一つです。

鉄串に牛肉・鶏肉・豚肉などを刺して塩をまぶして炭火で焼き上げたグルメです!

肉をガッツリ食べたい!!という方には必見かもしれません!

電球ソーダ

インスタ映えできちゃう屋台のニューフェイス!

見た目はその名の通り、電球にソーダやドリンクが入れられた飲み物です。

夜になると光るので目立つこと間違いなし!

浜松祭りの楽しみ方

浜松祭りと言ったらやっぱり「凧揚げ合戦」!

町内会ごとに大凧を用意し、当日はラッパの音に合わせて大凧を一斉に揚げます!

お互いの凧糸を絡ませ、糸を断ち切ろうとする迫力は見ものです!

とりあえず大凧の数が半端ないので、まずそこに驚きます!

それから、シャトルバスで市内をぐるりするのもオススメ!

大人280円、子供140円なのでお財布にも優しいですよね!

シャトルバスで凧揚げ会場に行っても良し!

市内中心部でやっている浜松の民芸品を見ても良し!

大道芸を見物しても良し!

とにかく見逃せないイベントが盛りだくさんです!

また、先ほどもご紹介した屋台での食べ歩きも良いですよね~!

浜松では、お好み焼きに黄色いたくあんを入れる習慣があり、“遠州焼き”とも呼ばれているそうです!

浜松祭りならではの屋台グルメを堪能してみてくださいね!

最後に、予約必須の夜の楽しみ「練り」も大人気!

「練り」とは簡単に言うと「神輿を担いで練り歩く」こと。

浜松は神輿ではなく「御殿屋台」という派手で大きな屋台みたいなものを引き回すのでこちらもぜひ間近で見てもらいたい一つです!

浜松祭りの例年の混雑状況は?

普段静かな浜松市がとっても賑やかになる毎年5月のGW!

浜松周辺のホテルはランクの高いホテルからビジネスホテルまでほぼ満室状態なんです!

170万人近い人出が一気に来場するのですからね、当たり前と言ったら当たり前かもしれません。

浜松駅から凧揚げ会場までは車で15分程度ですが、お祭り期間中は自家用車の乗り入れは禁止されています!

また、浜松祭りは駅周辺のイベントと凧揚げ会場でのイベントが分かれているので、混雑は避けられそうです!

イベント会場が分散されていることで、市内が混雑しすぎて歩けない…なんてことはなさそう!

ただし、「練り」が行われる市内の中心部は早い時間から場所取りをしている人がいるので、多少混雑する可能性があるかもしれません!

参照元記事タイトル:フェスレポ!「2019年の浜松まつりの開催日程!見どころや混雑状況も」
参照元URL:http://fesrepo.com/shizuoka/hamamatsufs/hmmatsuri/

浜松祭りの意味や由来

浜松祭りはとても伝統のあるお祭りとして知られてきました。

もともとは初子の誕生を祝うためのお祭りで大凧を空高く揚げることで健やかな成長を願うとされてきました。

一説によると、今から約450年前の1558~1559年ごろに当時の浜松を治めていた城主が長男の誕生を祝って凧を揚げたことが起源とされているのだとか…。

つい最近までは、初子のための凧揚げでしたが、今では長男、男子、女子、還暦のお祝いなど凧揚げの内容も時代とともに変わってきているようです!

東日本大震災の年は中止になりましたが、それ以外は毎年開催されているビッグイベントなので、気になる方はぜひ今年のGWに足を運んでみてくださいね!

まとめ

今年のGWにも開催される浜松祭り。

どんな屋台があって、どんな種類があるのか今日は見てきましたが参考になったでしょうか?

浜松市民じゃなくても参加できるこのイベント!

行ってみて絶対損はしないはずです!

私も近かったら行きたかったな~!と思うくらい。

私自身、東北の人間なので浜松まで結構距離があるーー!(泣)

昨年の混雑状況も参考にしながら、今年参加される方は思う存分「屋台」も「練り」も楽しんで最高のGWにしてくださいね!

浜松祭りで人気の簡単にできる髪型集!長さ別に紹介!
画像: 浜松祭りでショートやボブ、ミディアムなどにおすすめの髪型は? 浜松祭りに参加する方はみんなハッピを着てい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました