普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

海の日の意味や由来は?2020年はいつなの?

海の日に行われるイベントを一挙紹介!

日本の祝日の一つに海の日というものがありますが、この海の日とは具体的に何をしたらいい日なのか魔で把握できている人は少ないでしょう。

今回はこの海の日について詳しく解説し、具体的にどのようなイベントが行われるのか、由来や意味はどうなっているのか、2020年だといつになるのかも調べていきましょう。

スポンサーリンク

海の日の意味や由来とは?

海の日とは日本の国民の祝日の一つであり7月の第3月曜日に訪れる夏休み前のちょっとした連休になる祝日です。

もともとは7月20日だったのですが、2003年に誕生したハッピーマンデー制度によって月曜日に移動となりました。

この海の日はもともと1876年に明治天皇が東北地方を巡幸されたときに、横浜港に入港したタイミングが7月20日だったことから「海の記念日」とされたのがきっかけです。

明治天皇が50日ほどかけて東北地方を巡幸して函館から横浜に到着したのが7月20日だったので、海の記念日となったのですが、1941年に当時の村田省蔵逓信大臣が提唱したことで特別な日となりました。

時代は変わって平成になり、平成7年、つまり1995年に制定されて1996年に「海の記念日」を基本として施工されたのが海の日なのです。

いわゆる秋分の日春分の日のように太陽の動きによって明確に定まっている祝日はハッピーマンデー制度で動かすことはできませんが、海の日のように太陽の動きといったルールがない祝日はハッピーマンデー制度によって動かされる可能性があると考えておきましょう。

また、この海の日は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」という意味が「国民の祝日に関する法律」に記載されているので覚えておきましょう。

よくわからないという人は「海を感謝する日」と覚えておくのが正解でしょう。

実際に7月の第3月曜日付近はプール開きも終わっていますし、海にまつわるイベントも多々ありますのでどのような日なのかは結び付けやすいでしょう。

【2020年】国民の祝日一覧!カレンダーで一挙ご紹介!
2020年の国民の祝日について!東京オリンピックの影響は? 2020年は令和2年目でオリンピック開催の年となってお...

2020年の海の日はいつ?

2020年は東京オリンピックがあるので一部の祝日が移動します。

中にはそれ以降その日で確定してしまう祝日もあるので覚えておきましょう。

基本的に海の日は7月の第3月曜日だったのですが、2020年はオリンピックに合わせて7月23日に移動します。

また、オリンピックの開催日となっている7月24日にはスポーツの日がありますのでそこも祝日になるのです。

そして25日が土曜日で26日が日曜日なので、社会人の方々でも4連休となるでしょう。

学生さんの場合は23日の海の日が夏休みの開始日になる可能性も高いです。

ただし、この海の日の移動は恒久的なものではなくあくまでも東京オリンピック向けに調整された2020年の祝日になりますので、2021年には戻ります。

そして、山の日も普段なら8月11日なのですが、2020年は8月10日に移動となっているのです。

このように東京オリンピックの開催年である2020年はいろいろと祝日にも変更が発生する年になっていますのでしっかりと確認しておきましょう。

ちなみに、体育の日というものが2019年までは10月の第2月曜日にありましたがこの体育の日はもともと1回目の東京オリンピックがあった日を祝日にしたものなので、2回目の東京オリンピックが開催される日に移動となります。

しかも名前がスポーツの日となるのでそれも併せて覚えておきましょう。

こちらは2020年の東京オリンピックに合わせての移動ですが、2021年以降もこの7月24日に変更となりますので注意してください。

個人的な感想になりますが、2025年とかその時期あたりにこのスポーツの日もハッピーマンデー制度によって7月の第4月曜日とかに移動となるのではと考えています。

さらに個人的な考えですが、ハッピーマンデー制度よりも祝日が土曜日に被った場合に振り替え休日が発生しない状況を何とかしてもらいたいと強く訴えたいです。

海の日に行われるイベント

この海を大切にする日である海の日は海にまつわるイベントがいろいろと開催されます。

その筆頭が国土交通省が主催しているイベントの海の日にまつわるものでしょう。

7月1日から31日までを海の月間として海の船一斉公開を行っておりますし、海上自衛隊もいろんなイベントを開催しています。

2019年に行われた海上自衛隊のイベントを見てみると海の日の前の日曜日に大湊音楽隊演奏が行われていますし、基地開放のイベントの一環として小松島航空基地一般開放というのも行われているのです。

艦艇一般公開イベントの一環として護衛艦「かが」の一般公開があったり、多用途支援艦「げんかい」体験航海など船にまつわるイベントもそろっています。

自衛隊以外にも、海の日にまつわるフェスタやイベントが各所で行われており、みなとまち神戸でも大々的にイベントが行われています。

他には千葉県の犬吠埼灯台の海の日東大無料開放イベントを筆頭に、灯台が公開されるイベントも行われていますので、探せばかなりのイベントが盛り込まれていることがわかります。

海の日の海はかなり混雑する?

これも明確なことは言えませんが、2020年の海の日はそこまで混雑しないと思われます。

東京オリンピックに対しては様々な意見がありますが、始まってしまえばやはり注目度は抜群に高いスポーツの祭典になるのは確実なので、そのオリンピックの開催日前の祝日が海の日になっていることから例年より顧客は減る可能性すらあります。

今までは海の日は7月の第3月曜日だったので泊りがけで海のイベントを楽しもうという客層もいたと思いますが、これがオリンピックの前日になってしまうことで泊りがけで海の日のイベントを楽しもうという人は減ると予想しているからです。

特に、東京近郊ではオリンピック期間は東京の移動がいろいろと制限されますし、釣ヶ崎海岸サーフィンビーチのようにサーフィンの会場となっている場所はオリンピック期間は使えなくなると思われますので、海の顧客は減る可能性があるのです。

こちらの「オリンピック会場一覧|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(https://tokyo2020.org/jp/games/venue/olympic/)」でオリンピック会場として使われる場所は年間通してのお客の数は減ると思ったほうがいいかもしれません。

こちらも個人的な意見になりますが、2019年12月現在東京オリンピックはいろいろと揺らいでいるので、競歩やマラソン以外の競技が別会場になる可能性はゼロではありませんしそれ次第で客足も変わってくると思われます。

さすがに、マリンスポーツまで移動になるとは思えませんが、トライアスロンやセーリングまで札幌開催になった場合は客足も変わってくること間違いなしでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は海の日について詳しく解説しました。

2020年は東京オリンピックがある年なのでいろいろと特別な年になります。

そのため、祝日の移動なども発生するのでいろいろと予定が例年よりも異なってくるところは多々あります。

海の日と山の日と体育の日がオリンピックによって変わってきますので、予定を立てる方は7月と8月のカレンダーをしっかりと確認しましょう。

コメント

  1. […] また、海の日も例年ならば7月の第3月曜日になるのですが、こちらも7月23日の木曜日となり10月にあった体育の日が東京オリンピック開会式がある7月24日に移動となって祝日となります。 […]

タイトルとURLをコピーしました