普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

喜ばれる喜寿のメッセージの書き方は?どんなことを書いたらいい?

喜寿のお祝いメッセージの例文を一挙紹介!

皆さんは、喜寿祝いという言葉を聞いたことはありますか。

これは、77歳歳を迎えた人をお祝いすることを意味します。

実は、この喜寿という考え方は日本が発祥の考え方です。

喜という字を草書体で書いた形がもととなり、77歳をお祝いする慣習が根付いのです。

そんなおめでたい喜寿を迎えた人には、お祝いのメッセージを贈りたいですよね。

そこで今回は、お祝いのメッセージの書き方などについて説明して聞きたいと思います。

スポンサーリンク

喜寿のメッセージの書き方!

まず、喜寿祝いのメッセージの書き方についてのポイントを説明します。

一番のポイントは、「字を大きく書く」ということです。

77歳ともなると、やはり、だんだんと視力も落ちてきています。

そんな人にも読みやすいように、はっきりと大きな文字で書きましょう。

第二のポイントとしては、ネガティブなワードを避け、前向きなことを書くということです。

長寿をお祝いし、これからも健康でいて欲しいことなどを伝えましょう。

どんなことを書いたらいい?

喜寿を迎えたのが、両親などの場合は、自分の言葉で普段伝えられない感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

両親には、「ありがとう」ということは普段は照れくさくて伝えられないという人もいると思います。

こんな時こそ、今まで育ててくれたことへの感謝などを伝えると良いでしょう。

相手が祖父母の場合にも、自分言葉で素直な気持ちを伝えましょう。

孫からの手紙というのはそれだけでもおじいちゃん・おばあちゃんはうれしいものです。

相手が職場の上司などの場合には、少しメッセージがくだけすぎないように注意しましょう。

そして、今まで学んだことへのお礼や一緒に乗り越えてきた仕事の思い出や感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

お祝いメッセージの例文はこちら!

【お父さん】喜寿のお祝いメッセージ例文

お父さん喜寿のお誕生日おめでとう。これからも元気で健康でいてください。

今まで家庭を支えてくれてありがとう。またどこかに一緒に旅行に行こうね。

【お母さん】喜寿のお祝いメッセージ例文

お母さん喜寿のお誕生日おめでとう。

これまで育てて見守ってくれてありがとう。

これからも健康に気を付けて長生きしてね。また一緒に遊びに行こうね。

【祖父】喜寿のお祝いメッセージ例文

おじいちゃん喜寿のお誕生日おめでとう。

これからも元気で長生きしてね。また、一緒に遊びに出かけようね

【祖母】喜寿のお祝いメッセージ例文

おばあちゃん喜寿のお誕生日おめでとう。

また、遊びに行くので楽しみにしていてね。これからも、健康で長生きしてね。

【義理のお父さん】喜寿のお祝いメッセージ例文

お義父さん喜寿のお誕生日おめでとうございます。

このようなおめでたい日を元気に迎えられて、私もとてもうれしいです。

これからも、元気に健康でいてください。

【義理のお母さん】喜寿のお祝いメッセージ例文

お義母さん喜寿のお誕生日おめでとうございます。

いつも私たち家族のことを気にかけてくださってありがとうございます。

これからも体を大切に元気でいてください。

【職場関係の人】喜寿のお祝いメッセージ例文

この度は喜寿おめでとうございます。

仕事では色々と大変お世話になりました。

これからもご健康で楽しくお過ごしくださいますようにお祈りいたします。

【恩師】喜寿のお祝いメッセージ例文

この度は喜寿おめでとうございます。

先生には学生時代に大変お世話になりました。

今の私があるのも先生のおかげと、感謝しております。

これからもお体には気を付けて健康でいてください。

お祝いメッセージのポイントは?

お祝いのメッセージを贈るときの一番のポイントは、「手書きで書く」ことです。

字が下手であっても丁寧に手書きで書くことで相手に気持ちも伝わります。

また、「自分のために時間を使って書いてくれた」と感じて、相手もきっと喜んでくれますよ。

最近では、筆ペンタイプのサインペンも販売されています。

通常の筆ペンが苦手という人はこのようなペンを使ってみると、格好のついた字が書けますよ。

喜ばれるメッセージの送り方は?

メッセージを手紙にして贈るのも良いですし、たくさんのメンバーから1人の人に贈るときには、寄せ書きにしても良いでしょう。

また、ちょっと変わったメッセージの贈り方をしたいという人は、ネームインポエムやメッセージ入りギフトを贈るのも良いでしょう。

似顔絵入りのものなどもあり、きっと思い出に残るプレゼントになりますよ。

金額別で喜寿にもらってうれしいプレゼントおすすめ22選!
喜寿のお祝いにおすすめのプレゼントを一挙紹介! 皆さん、喜寿というのは長寿を表す言葉ですが、何歳のことをいうかご存...

お祝いメッセージの注意点は?

メッセージを書くときの注意点は2点あります。

1つは、「死」、「苦」などの縁起の悪いことを連想させる言葉を使わないことです。

他にも、「老いる」、「ぼける」、「散る」などの表現や連想させる言葉も使わないように注意しましょう。

2つ目は書き終わった後、見直しをするということです。

書いているときには気づかないことでも、見直していると修正点が見えてくることとても多いです。

改めて読み直してみると、文と文のつながりが悪い点や分かりにくい点がきっと出てきます。

なので、見直しは欠かさないようにしましょう。

まとめ

以上、喜寿のメッセージの作成の方法について説明しました。

お祝いメッセージを考える際の参考になれば幸いです。

皆さんが、喜寿を迎える人に最高のエッセー時を贈れることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました