普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【TOKIOカケル】放送ギリギリ!?高良健吾・長瀬・松岡とガンバレルーヤで合コン開催!(11月20日)

女子がキスを終わらせてもいいの?について激論!

11月20日(水)の23時00分〜23時40分にフジテレビで放送される『TOKIOカケル』のゲストに高良健吾、ガンバレルーヤが登場します!

そんな次回放送される番組の内容をじっくり見ていきます!

スポンサーリンク

番組内容

画像:https://www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/index.html

今回のゲストは俳優の高良健吾が初登場します!

さらにガンバレルーヤの2人も登場!

ゲスト3人と長瀬、松岡の5人で合コンが開催されます!

そんな合コンでガンバレルーヤが躍動し、愛してる連発で長瀬と松岡の心が動く?

どんな展開になるのかドキドキしますね!

さらに、女子がキスを終わらせてもいいのかを激論したり、楽しみな内容が盛り沢山です!

出演者HP

画像:https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=7

TOKIO

URL:https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=7

ゲストHP

画像:http://www.tencarat.co.jp/korakengo/

高良健吾

【高良健吾オフィシャルブログ】

URL:https://ameblo.jp/kengo-kora/

ガンバレルーヤ

【ガンバレルーヤプロフィール】

URL:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6424

番組HP

画像:https://www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/index.html

TOKIOカケル

URL:https://www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/index.html

高良健吾が出演の「モトカレマニア」について

画像:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/

新木優子×高良健吾

「イタカワMKM」の“ざわざわ”ラブコメディー

木曜劇場『モトカレマニア』

フジテレビでは、10月クールの「木10」ドラマとして、新木優子さん高良健吾さんのふたりが主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』をお送りします。

新木さん高良さんは初共演、並びに新木さんが地上波ドラマで主演を務めるのは今作が初(※注釈1)、高良さんは木曜劇場で主演を務めるのは初となり、まさに初物づくし!元カレを引きずる女子はもちろん、恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディーをお届けします。

『モトカレマニア』は、現在「Kiss」(講談社)で連載中の同名コミック原作。

コミックスは3巻まで発刊されています。

原作者の瀧波ユカリさんは、“女子あるある”をリアルに描くことに定評がある漫画家で、フリーター女子の日常を描いた『臨死!!江古田ちゃん』でデビュー。

同作で四季大賞(※注釈2)を2004年冬に獲得し、同賞史上初めて4コマ漫画で大賞を受賞しました。

本作は、元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語。

合言葉は「女だって引きずる!!!」

元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカ(なんば・ゆりか)は、元カレのマコチを好きすぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、心の中でマコチと妄想の会話をしたり、初対面の男性に対し、“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけると恍惚の表情を浮かべる27歳独身のぶっ飛びOL。

見た目が悪いわけではなく、まわりの女の子と比べても、彼女が持ち合わせているスペックは決して低くないにも関わらず、うまく恋愛ができない……。

そんなユリカを演じるのは、新木優子さん

新木さんが地上波ドラマで主演を務めるのは今回が初となると同時に、木曜劇場に出演するのも初めてです。

同世代の女子を中心に絶大な人気を誇る新木さんが、恐ろしいまでに元カレを引きずりまくる姿に是非ご注目ください。

刑事や医者、パラリーガルや社長令嬢など、“できる女”を数多く演じてきた新木さんにとって新境地とも言える“イタカワ女子”(イタいけどカワイイ女子)は必見です!

一方、元カレのマコチこと斉藤真(さいとう・まこと)は、不動産会社に勤務する30歳独身のイケメン。

元カノ・ユリカの妄想の中にたびたび現れ、彼女の大きな心の支えとなっています。

5年前にふたりが別れることになってから姿を消していましたが、ユリカが働くことになった不動産会社で“同僚”として再会することに……。

真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちに自らの言動でユリカの心を大きく揺さぶってしまう――どこかつかみどころのない好青年・マコチを演じるのは、高良健吾さん

高良さんが木曜劇場で主演を務めるのは新木さん同様、今回が初となると同時に、木曜劇場に出演するのも初。

並びに、フジテレビ系ドラマで主演を務めるのは、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年1月期)以来となります。

心優しい純朴な大学院生から、背中に龍の入れ墨を入れ、顔中に15個ものピアスを施し、舌をスプリットタンにした不気味な男まで、どんな役をやらせても他を圧倒する存在感を放つ高良さんが演じる、天然・ピュアゆえの言動でなんだか憎めない“女心を惑わす罪な男子”は大きな話題になるはず。

本作のプロデューサーを務めるのは、草ヶ谷大輔。

草ヶ谷は、月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(2019年1月期)のプロデュースも担当しており、ヒロインを務めた新木さんと再びタッグを組むこととなりました。

演出を務めるのは並木道子。

並木は、月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の演出も担当しており、主演を務めた高良さんと再びタッグを組むこととなり、<主演俳優×プロデューサー×演出>の本作への化学反応に大きな期待が高まります。

また本作は、原作・瀧波ユカリさん、脚本・坪田文さん、音楽・田渕夏海さん、中村巴奈重さん、演出・並木道子さん、主演のひとりが新木優子さんということで、プロデューサーを除くすべての要職を女性が担当。

そんな“キラキラ系”恋愛ドラマを知り尽くした彼女たちが紡ぎだす“ざわざわ系”ラブコメディーに、是非ご期待ください。

そして今回、新木さんが期間限定で『モトカレマニア』専用のAmebaブログ(URL:https://ameblo.jp/motokaremania-arakiyuko/)を開設することも決定しました(7月18日(木)午前5時~ドラマ最終回放送終了まで)。

このブログでしか見ることのできない他の出演者とのとっておきの1枚や至極のオフショット、ドラマ撮影のウラ話などを公開していく予定。

なお、民放ドラマにおいて、主演俳優1人でドラマ専用アメブロを運用するのは初めての試みとなります。

引用:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/introduction/index.html

【放送日】

毎週木曜よる10時

まとめ

11月20日に放送される『TOKIOカケル』を見ていきましたが、いかがだったでしょうか?

TOKIOと高良健吾とガンバレールヤの合コンはかなり面白そうな展開がありそうです!

ガンバレルーヤがどのくらい躍動するのかも気になります!

放送日まで待ち遠しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました