普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

白寿祝いの意味はなに?祝い方やメッセージはどうしたらいいの?

白寿祝いのプレゼントの選び方や金額相場は?

日本にはたくさんの長寿祝いがありますが、全部を知っている人はほとんどいないのではないでしょうか?

私も、初めは還暦くらいしか聞いたことがありませんでした。

ですが、長寿祝いは調べてみるとたくさんあることが分かります。

そんな中でも白寿って聞いたことあるでしょうか?

ほとんどの人は知らないと思います。

そこで、今回はこの白寿のお祝いの仕方やプレゼントの選び方などについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

白寿のお祝いの意味は?

まず、白寿の読み方についてですが、「はくじゅ」と読みます。

これは、99歳のことを意味する言葉です。

なぜ、白寿が99歳なのかというと、百という漢字に由来しているのです。

「百」という漢字から「一」を引いてみてください。

「白」という漢字になりますよね。

つまり、「百」-「一」=白=99となり、99歳は白寿と呼ぶようになったのです。

なので、白寿祝いとは99歳を迎えた人のお祝いということなんです。

現在でも、99歳を迎えることができるというのはとても貴重なことで、喜ばしいことですよね。

ぜひ、みんなで、白寿祝いをして、楽しい時を過ごしたいものですね。

祝い方はどうしたらいい?

いざ、白寿のお祝いをしようと思っても、やり方がわからなければ困ってしまいますよね。

白寿のお祝いの決まりのようなものはありませんが、一般的には家族や親族が集まり、食事会を開催します。

食事会はどこかお店を予約して開催することもあれば、自宅で行うこともあります。

白寿を迎えた人は99歳もの高齢になっているので、体力的にも厳しいようであれば、自宅で行う方が良いでしょう。

この辺りは、白寿を迎える本人と相談して決めましょう。

本人に無理のない範囲で、白寿祝いを計画することが一番ですね。

どんなメッセージを贈ればいい?

99歳という年齢まで生きられるということは、とても喜ばしいことですよね。

なので、感謝の言葉を伝えるなど、気持ちのこもったメッセージを送りましょう。

まず、メッセージを書くメッセージカードですが、白寿のキーカラーの白を選ぶと良いでしょう。

そして、メッセージを贈る相手が自分の両親や祖父母であるならば、育ててくれたり、遊んでくれたことへのお礼の言葉を書くと良いでしょう。

さらに、「今後も元気でいて下さい」といったように、未来に向けてのメッセージも付け加えると良いと思います。

未来へ向けてのメッセージが付け加えられることによって、「今後も楽しく生きていこう」と前向きな気持ちが生まれます。

家族以外の人に贈る場合も、同じように感謝と未来へ向けての言葉を書くと良いでしょう。

ただし、家族・親戚に贈る場合よりも少し、堅めの文章としましょう。

文例などもインターネットで検索すると出てくるので参考にしてみてください。

白寿祝いのプレゼントの選び方

白寿を迎えた人には、お祝いの会を開くだけでなく、プレゼントも贈りたいですよね。

先ほども少し書きましたが、白寿にはキーカラーがあり、白とされています。

なので、白を取り入れたものを贈るのも良いのではないでしょうか。

白を取り入れたプレゼントでおススメといえば、花束です。

白いバラなどの花束はきれいでとても喜ばれるのではないでしょうか。

さらに、ブリザードフラワーにすることで、長い間、美しさを楽しんでもらえます。

一方、白に無理にこだわり過ぎる必要もありません。

相手が本当に欲しいものがあるならば、それをプレゼントするのが一番です。

白と関係ないプレゼントで言えば、フォトブックが人気のようです。

他にも、食器や湯のみなど毎日使ってもらえる物も、良くプレゼントに選ばれているようです。

皆さんも、良いプレゼントができるように色々とリサーチしてみてください!

プレゼントの金額相場はどのくらい?

白寿祝いにプレゼントを選ぶ際に、金額の相場はあるのでしょうか?

もちろん、プレゼントは気持ちが第一なのですが、やはり、相場としてどの程度なのかということは知っておいた方が安心しますよね。

これは、贈る相手との関係性にもよるのですが以下のようになっています。

・自分の両親→2万円~3万円
・自分の祖父母→1万円~2万円
・親戚→1万円前後

あくまで、参考として知っておくレベルでも良いと思いますが、プレゼント選びの参考にしてください。

まとめ

白寿祝いの意味から、お祝いの方法やプレゼントについて説明してきました。

やはり、一番大切なことは「お祝いする相手を思いやり、感謝する」という気持ちでしょう。

その気持ちがあれば、きっと、良いお祝いの会を開けますし、良いメッセージやプレゼントも贈ることができると思います。

皆さんも、相手のことを大切に考え、白寿祝いの準備をしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました