普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

傘寿祝いの意味や由来について!いつ何をしたらいいの?

傘寿祝いのプレゼントの選び方や金額相場はいくら?

日本には、たくさんの長寿祝いがありますよね。

有名なところで言えば、「還暦(かんれき)」があります。

これは聞いたことがある人も多いと思います。

では、そんな長寿のお祝いの中で傘寿とは聞いたことあるでしょうか。

中には、「あまり聞いたことがない」という人もいるのではないでしょうか。

そこで、傘寿の意味からお祝いの方法について、説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

傘寿祝いの意味や由来

まず、傘寿という言葉ですが、これはさんじゅと読みます。

そして、80歳を意味します。

つまり、傘寿祝いとは80歳を迎えた人の長寿をお祝いすることを言うのです。

では、なぜ、傘寿が80歳なのでしょうか?

その答えは、実は「傘」という漢字の形にあったのです!

この傘という漢字は、略字で書くと、「仐」となり、縦書きで八十と読めます。

そのため、傘寿は80歳を意味する言葉となったのです。

還暦や古希などは中国で生まれた言葉ですが、傘寿については日本が発祥の地です。

ちなみに、傘寿のことを八十寿(やそじゅ)と呼ぶ人もいます。

傘寿祝いは何をするの?

では、傘寿祝いをいざしようとなった場合、何かやり方や決まりはあるのでしょうか?

何か、「昔からの伝統的なお祝い方法を守らなければいけないのでは?」と一瞬、構えてしまう人もいるかもしれません。

でも、そんなに堅く考えなくても大丈夫です。

じつは、「必ずこうしなければいけない」という決まりはありません。

一応、昔からある風習について触れておくと、紫色のちゃんちゃんこを相手に贈り、お祝いするというのが、一般的でした。

色が紫色なのは、昔から紫は高貴な色とされていたためです。

80歳を迎えた長寿の人を敬うために紫色のものを贈っていたのです。

また、ちゃんちゃんこを贈る理由は、防寒の為です。

なぜ、防寒かというと、昔は正月に全員が1歳年齢が増える、数え年が一般的でした。

そのため、傘寿祝いも正月におこなわれており、防寒着のちゃんちゃんこを贈っていたのです。

ですが、何度も言うように、必ず風習通りにお祝いしなければいけないというわけではありません。

食事会を家で開いたり、どこかお店を予約して食事に出かけるのも良いでしょう。

プレゼントも色やちゃんちゃんこにこだわらず、相手の欲しいものを贈ってあげて問題ありません。

お祝いはいつしたらいい?

次に、いつ傘寿祝いを行うかについてです。

元々は、数え年で80歳を迎えた人をお祝いするのが傘寿祝いでした。

ですが、今は、満年齢が一般的なこともあり、満80歳で通常はお祝いをしています。

では、傘寿祝いは80歳の誕生日にするのが良いのでしょうか?

これについても、明確にこうしなければいけないというルールはありません。

80歳の誕生日祝いと傘寿祝いを一緒に行っても構いませんし、別々に行っても問題ありません。

一般的には誕生日と一緒にお祝いするようですが、その辺りは、みんなのスケジュールを考えて計画すると良いでしょう。

お祝いのプレゼントの選び方

傘寿祝いに相手にプレゼントを贈るのも良いですね!

ですが、どんなプレゼントを贈ったらいいのか少し迷ってしまいますよね。

風習通りに、紫色のちゃんちゃんこを贈ったり、傘を贈ることも良いですが、これらにとらわれる必要もありません。

相手のことを第一に考え、喜ぶものをプレゼントしましょう。

色々なものが考えられますが、例えば、宿泊旅行に行ったり、温泉旅行に日帰りで出かけたりなどが人気のようです。

他にもバックや小銭入れ、マグカップ、帽子など、普段も良く使えるようなものが人気のようですよ。

これらに傘寿のキーカラーである紫色を組み合わせてみるのも良いのではないでしょうか。

また、最近では、金色もキーカラーとして定着してきています。

相手の喜ぶ最高の一品をプレゼントできると良いですね!

傘寿祝いのプレゼントの金額相場

傘寿祝いにプレゼントあげようとしても、「いくらぐらいがいいのか?」と悩んでしまいますよね。

もちろん、プレゼントは値段よりも気持ちが大切なのですが、参考までに相場の値段がどの程度か紹介しておきたいと思います。

・孫から祖父母、孫から親族の場合:1,000円~5,000円
・子供から両親:5,000円~30,000円
・子供から親族:5,000円~10,000円
・部下から上司:10,000円~30,000円

となっています。

以上の相場を参考にしながら、無理のない範囲でプレゼントをして、相手へ自分の気持ちを伝えましょう。

まとめ

以上、傘寿祝いの意味や由来からプレゼントやその金額について説明しました。

現在では、昔の風習にとらわれず、本人の喜ぶものをプレゼントするのが一番良いでしょう。

また、プレゼントの金額も相手との関係により、相場は変わるようです。

一番大切なことは、相手をお祝いし、感謝の言葉を伝えることです。

今回の記事を参考に、皆さんの考えるベストなお祝いができることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました