普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

傘寿の意味や由来は?読み方や風習を教えて!

傘寿のお祝いの仕方はどうしたらいい?プレゼントの選び方は?

長寿祝いには色々とありますが、中でもメジャーでよく耳にするのは、還暦(かんれき)ではないでしょうか。

実は長寿を意味する言葉には他にもたくさんあります。

そんな中でも、傘寿問言葉を聞いたことあるでしょうか。

おそらく多くの方が、聞いたことないのではないかと思います。

私も、初めて見た際は読み方すらわからなかったです。

当然、何歳を意味するのかもわかりませんでした。

そこで、今回は傘寿の意味や風習から、お祝いの方法について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

傘寿の意味や由来

傘寿とは80歳のことを言います。

80歳を迎えた人をお祝いするのが、傘寿祝いです。

では、なぜ、傘寿が80歳を意味するのでしょうか?

その答えは、「傘」という漢字にあります。

実は、この傘という漢字は略字で書いた場合、八十と読めるのです。

このことから、80歳を傘寿と呼びます。

漢字の形が由来になっていたとはちょっと、意外に感じた人もいるのではないでしょうか。

還暦古希などは、中国が発祥となっています。

その由来も、干支の循環表であったり、中国の詩人の杜甫が詠んだ歌です。

しかし、喜寿と同様この、傘寿も漢字の形が由来となっており、日本が発祥の長寿祝いとされてます。

傘寿の読み方や風習

傘寿はさんじゅと読みます。

傘寿のことを八十寿(やそじゅ)と呼ぶ人も中にはいます。

そして、長寿祝いにはそれぞれにキーカラーがあり、その色にちなんだものを贈るという風習があります。

そのキーカラーが傘寿の場合は紫色になります。

他にも、還暦ならば赤色古希、喜寿は紫色となっています。

ただ、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)と紫色が続くので、傘寿のキーカラーとして黄色や金色も定着しています。

また、傘寿は”傘”という字のとおり、傘を送る風習も昔からあります。

雨傘を送ること以外にも日傘も良いプレゼントとして重宝されています。

ふらっと散歩に出るときに、日差しが強い日はサッとつかる日傘も便利ですよね。

しかし、現在では、風習にこだわらずに本人の好むものを贈るのが一番良いでしょう。

色についてもあくまで風習なので、好きな色があるならばそちらを優先してプレゼントを決めることにも問題はありません。

風習よりも、傘寿を迎える相手のことを第一に考え、どのようなお祝いをするかを考えてみましょう。

傘寿のお祝いの仕方は?

では、お祝いをするとしたら、どうすれば良いのでしょうか?

傘寿という字を見ると、「なんか昔ながらのしきたりを大切にしないといけないのかな?」と構えてしまいますよね。

でも、そんなに堅く考えなくても大丈夫です。

じつは、必ずこれをするという決まりはありません。

なので、食事会を家で開いたり、どこかお店を予約して食事に出かけるのも良いでしょう。

また、お祝いの時に、プレゼントを渡すのが一般的です。

こちらも風習にとらわれることなく、相手が喜んでくれたり、欲しいものを選んで問題ありません。

家族や傘寿を迎える人たちの予定を考えて、ベストなお祝いを計画しましょう。

お祝いのプレゼントの選び方

傘寿のお祝いの時には、プレゼントを贈るのも一般的です。

また、先にも書きましたが、一応、風習としては、紫色のちゃんちゃんこを贈ったり、を贈っていました。

しかし、現在は、これら風習にとらわれる必要はありません。

相手のことを第一に考え、喜ぶものをプレゼントしましょう。

例えば、一緒に旅行に行ってもいいですね。

遠出で宿泊旅行に行ったり、体調面から、遠出が難しいならば、近場の温泉旅行に日帰りで出かけるのも良いでしょう。

その他、もので言えば、普段使いできるバックや小銭入れ、マグカップ、帽子なども人気のようですよ。

これらにキーカラーである紫色を取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

あとは、フォトアルバムにみんなの思い出の写真を入れてプレゼントするのも良いと思います。

旅行に行って、その時の家族の思い出の写真を後日、フォトアルバムにも入れてプレゼントしたら喜んでくれそうですよね!

相手のことを考えれば、色々とプレゼントは思い浮かんでくると思います。

相手の欲しいものを直接聞くのだって問題はありません。

色々とリサーチもしてみてください。

お祝いのタイミングはどうしたらいい?

では、お祝いのタイミングですが、そもそも80歳って、数え年で80歳なのでしょうか。

それとも満年齢で80歳なのでしょうか。

元々は、傘寿祝いは数え年で80歳の時に行うものでした。

ですが、今は、満年齢が一般的になっており、傘寿のお祝いも満80歳で行うのが一般的です。

では、80歳の誕生日を迎えたときに傘寿祝いをするのでしょうか?

それとも、誕生日祝いと傘寿祝いは別々に行わなければいけないのでしょうか?

現在では、誕生日と傘寿祝いを一緒に行うことが一般的となっています。

もちろん、一般的なだけであって、いつするかは特に決まってはいません。

誕生日と一緒でも良いですし、家族が集まるのに都合の良い別の日に傘寿祝いをしても問題ありません。

家族で、日程調整して、みんなで集まれる日にお祝いするのが一番良いのではないでしょうか。

家族みんなが集まれば、お祝いしてもらう方もきっとうれしいはずです。

まとめ

なかなか、聞いたことがない人も多かったのではないかと思う「傘寿」の意味やお祝いの方法などについてでした!

昔からの風習を大切にしつつも、現在に合ったお祝いの方法を考えるのがやっぱり一番ですね!

傘寿を迎える人がどうすれば一番喜ぶのか考えながら、お祝いを計画してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました