普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

【地域別】日帰りで行ける大人気の温泉旅行スポット9選!

スポンサーリンク

温泉旅行は宿泊するという形式もありますが、今では日帰りでも楽しめるプチ旅行も流行しており一人旅で訪れる方も多々います。

そこで、今回は日帰りで行ける大人気の温泉旅行スポットを地域別で紹介していきましょう。

形としては関東と東海と関西の3つのエリアにしぼって、それぞれ3つずつ紹介するという形にさせて頂きます。

関東の場合は日帰りで東海もエリアに入ってくることも多いのですが、関東エリアは関東にある温泉に限定して紹介していきましょう。

スポンサーリンク

日帰りで行ける大人気の温泉旅行スポット9選!

それでは具体的にオススメの日帰り温泉がオススメのスポットを紹介しましょう。

数はかなりあるので、首都圏を含めた関東と熱海や伊豆などの温泉地が多い東海、観光スポットがとっても多い関西の3つのエリアにしぼってみていきます。

関東の日帰り温泉スポット

まずは関東におけるオススメの日帰り温泉スポットを見ていきましょう。

東京にも日帰りで楽しめる温泉スポットはありますし、箱根や草津まで足を伸ばせばもっと見つかります。

湯河原温泉 万葉の湯 町田

引用:https://www.manyo.co.jp/machida/

町田にある温泉で、日帰り温泉地としてもかなり楽しめる名湯です。

万葉集に詠まれる名湯なので、知名度的にも高く屋上足湯庭園や露天風呂、石風呂や寝湯や浅湯などとにかく温泉を楽しませてくれるのが特徴となっています。

温泉の種類がかなり多いので、日帰り旅でも楽しめますが全部楽しみたいという方は何度か訪れないといけません。

住所:東京都町田市鶴間7-3-1
電話番号:042-788-4126
アクセス:【車】東名『横浜町田IC』出口から国道16号八王子方面へ200m
駐車場:200台
公式ホームページ:https://www.manyo.co.jp/machida/

ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明

引用:https://www.hvf.jp/

こちらは2020年に開業したホテルで、利用者もかなり多く様々なランキングで顔を出しているホテルです。

有明にあるので首都圏在住の方でも利用しやすく、日帰りのデイユースプランもしっかりと用意されているのがポイントでしょう。

内湯・サウナ・岩盤浴など色々と日帰りでも楽しめます。

住所:東京都江東区有明2-1-5
電話番号:03-6426-0505
アクセス:【電車】りんかい線『国際展示場駅』から徒歩約6分
駐車場:92台
公式ホームページ:https://www.hvf.jp/

箱根湯本温泉 箱根 花紋

引用:https://www.hakone-kamon.jp/spa/

こちらは関東圏における有数の温泉地の箱根にある旅館で、箱根旧街道にあります。

あのエリアは江戸時代には大名行列が行き交った場所なので、歴史ある旅館が多いのです。

露天風呂付き客室を利用できる日帰りのプランがあるので、日帰り温泉を楽しみたい方でもゆったりとできます。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本435
電話番号:0460-85-5050
アクセス:【電車】東京→小田原→箱根湯本と約65分で移動しここから徒歩で約15分 【車】東京→厚木IC→箱根口IC→国道1号と移動し約1時間30分
駐車場:50台
公式ホームページ:https://www.hakone-kamon.jp/

東海の日帰り温泉スポット

東海の温泉スポットと言ったらやはり熱海や伊豆と思ってしまいがちですが、岐阜や愛知も入ってくるので紹介できる温泉地は多めです。

その中からオススメの日帰り温泉地を見ていきましょう。

日航亭大湯

引用:https://nikkoutei.amebaownd.com/

東海エリアの日帰りと聞いて最初に浮かんだのはここです。

なんと言っても公式のホームページにはっきりと『日帰り温泉』という明記されているインパクト大の温泉地になっています。

徳川家康が入ったという逸話もある温泉で、加水・加温なしの源泉掛け流し温泉を堪能出来ますし、熱海駅から歩いて10分程度とアクセスも良好なのが魅力です。

住所:静岡県熱海市上宿町5-26
電話番号:0557-83-6021
アクセス:【電車】JR『熱海駅』より徒歩12分
駐車場:あり(館内利用者限定)
公式ホームページ:https://nikkoutei.amebaownd.com/

尾張温泉東海センター

引用:http://owarionsen.co.jp/guide

こちらは愛知県下で日本名湯百選に選ばれた唯一の温泉で、それを源泉掛け流しで堪能出来るスポットです。

6本の源泉からは毎分1.25tと豊富な湯量を供給されており、大量のお湯があなたを迎えてくれます。

温泉の数も多くキッズスペースもあるので、家族で来ても楽しめる場所となっているのです。

住所:愛知県海部郡蟹江町蟹江新田佐屋川西97
電話番号:0567-95-3161
アクセス:【車】『東名阪道蟹江IC』より車で5分
駐車場:300台
公式ホームページ:http://owarionsen.co.jp/

美輝の里ホテル美輝

引用:https://www.mikinosato.co.jp/

四季折々の表情を見せる飛騨の景色を楽しめる温泉地で、下呂市内最大規模の温泉施設でもあります。

17種類も温泉があるのでちょっと混んでてもすぐに移動して別の湯船で楽しむといった動きもできるのが特徴でしょう。

下呂市民からも大好評のヌルスベの天然湯と南費だの大自然で短期間でもスッキリ癒やされることが可能な施設です。

住所:岐阜県下呂市馬瀬西村1695
電話番号:0576-47-2641
アクセス:【公共交通機関】JR高山本線『飛騨萩原駅』から車で約25分
駐車場:160台
公式ホームページ:https://www.mikinosato.co.jp/

関西の日帰り温泉スポット

関西エリアといったら兵庫県もしっかりと入っているので温泉地もかなり多いのです。

その中で日帰りスポットを厳選して紹介していきましょう。

有馬温泉 太閤の湯

引用:https://www.taikounoyu.com/

関西エリアの日帰り温泉といったら間違いなく候補に入ってくるのがこちらの温泉です。

有馬温泉の温泉は塩分が日本一濃い温泉であり、太閤秀吉が実際に入浴した湯山御殿の蒸し風呂を再現した太閤の湯殿を楽しめる施設となっています。

戦国時代が好きな方にも間違いなくはまれる温泉地でしょう。

住所:兵庫県神戸市北区有馬町池の尻292-2
電話番号:078-904-2291
アクセス:【公共交通機関】『有馬温泉駅』から徒歩約7分、送迎バス有り
駐車場:200台
公式ホームページ:https://www.taikounoyu.com/

八尾温泉 喜多の湯

引用:https://super-sentou.com/yao/

こちらは大阪にあるスーパー銭湯で、多彩なお風呂と岩盤浴が楽しめるスポットになっています。

スーパー銭湯なので、日帰り温泉にも十分に対応しており、短時間でも高濃度炭酸風呂や水素風呂や壺湯などの独特な温泉がおもてなししてくれるでしょう。

住所:大阪府八尾市二俣一丁目8番地
電話番号:072-976-4126
アクセス:【公共交通機関】JR大和路線『志紀』駅から徒歩約5分
駐車場:300台
公式ホームページ:https://super-sentou.com/yao/

音の花温泉

引用:https://nenohana.com/pages/19/

こちらは奈良県にある温泉で、深海層1850m先の温泉を用いている完全天然温泉です。

泉質も柔らかいので、お風呂から上がるとサラサラした肌になれます。

奈良県下最大の大きさとなっている温泉で1日の疲れを癒やしてください。

住所:奈良県生駒市小平尾町1008-12
電話番号:0743-76-3530
アクセス:【公共交通機関】近鉄生駒線『東山駅』から徒歩約5分
駐車場:100台
公式ホームページ:https://nenohana.com/

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は関東と関西と東海の3箇所で日帰り温泉として有名な箇所を紹介しました。

日帰り温泉は多くの場所で楽しめますが、現代だと日帰り温泉旅行もスタンダードになっているので昔は対応していなかったという所でも受け入れを開始しているというところがあります。

そういった所を見つけるのも面白いので、情報まとめサイトはちょくちょくチェックしてみると面白いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました